ここから本文です

ドジャースの新星・ベリンジャーがサイクル安打達成!新人での達成は球団史上初

7/16(日) 11:01配信

ベースボールチャンネル

 ロサンゼルス・ドジャースのコーディ・ベリンジャー選手は、15日(日本時間16日)に敵地で行われているマイアミ・マーリンズ戦でサイクル安打を達成した。球団史上9人目(10度目)の快挙で、また新人での達成は球団史上初となった。

メジャーで活躍を続ける40歳以上のベテラン。実績豊富な“超一流”が集結

 ベリンジャーはこの試合に4番・一塁で先発出場。ベリンジャーは初回に迎えた第1打席では速球を弾き返し、中前安打を記録すると、第2打席ではスライダーを捉え今季26号となる2点本塁打を放つ。その後の第3打席では4連続で速球を投じられた後の5球目のスライダーを捉え、適時二塁打でサイクル安打に王手をかける。

 そして、7回に迎えた第4打席ではマーリンズ4番手・ウィットグレンの初球を叩き、右翼手・スタントンが目測を誤り記録は三塁打に。ベリンジャーは4打席連続安打で1本の余剰もなくサイクル安打を達成した。

 71試合で86三振と三振が多いベリンジャーだが、この試合ではしっかりとスライダーに適応し、快挙達成につなげた。

 ア・リーグではニューヨーク・ヤンキースのアーロン・ジャッジ選手(23)の打撃に注目が集まっているが、ナ・リーグではこのベリンジャーが彗星の如く登場。4月25日のメジャーデビュー以来、思い切りの良いスイングで26本塁打と打棒爆発。22歳になったばかりという若さで、強力ドジャース打線の中軸を担い続けている。

ベースボールチャンネル編集部