ここから本文です

MLB選手の年収ランキング。 田中将大は15位、大谷翔平が移籍なら?

7/16(日) 18:30配信

webスポルティーバ

 前回の記事で、米『Forbes』誌の電子版による「世界で最も稼ぐサッカー選手」を伝えたが、今回は野球選手のランキングを紹介したい。

【写真】山奥の公立校に、アマ野球の「巨匠」が現れた!

 6月に発表された「世界で最も稼ぐスポーツ選手100人」にランクインしたベースボーラーは22人。サッカーやテニスのようなワールドワイドな競技ではないために広告料による収入が比較的少なく、トップはクレイトン・カーショウの28位と、最高額は他のスポーツと比べると低い。だが、2000万ドル以上の年収を手にする選手は実に36人。これは、アメリカのプロスポーツで最多だ(次点はNBAの29人)。

 こちらも前回のリスト同様に、2016年6月1日から2017年6月1日までの1年間に選手たちが手にしたサラリー、ボーナス、賞金、広告収入、ライセンス料、肖像権などによる収入を、同誌の調査によってランク付けしたものである。

※日本円は、7月14日現在の為替レート(アメリカドル1ドル=113.66円)で換算

■1位(全体28位):クレイトン・カーショウ/ロサンゼルス・ドジャース、アメリカ

 サイ・ヤング賞に3度輝いた29歳の左腕が、3年連続で野球選手の稼ぎ頭となった。2014年に7年で2億1500万ドル(約243億円)の巨額契約を結んだカーショウは、この1年の総収入が3330万ドル(約38億円)。3250万ドルの給料を球団から受け取り、広告料(アンダーアーマーやメルセデス・ベンツなど)の収入が80万ドルある。なお、もう1度サイ・ヤング賞を獲得すれば、100万ドルのボーナスを得ることになっている。

■2位(全体36位):デビッド・プライス/ボストン・レッドソックス、アメリカ

 次点も左腕の先発投手だ。2012年のサイ・ヤング賞に選出された31歳は、一昨年の12月に7年で2億1700万ドル(約246億円)と、投手として総額では史上最高額となる契約でレッドソックスに加入。この1年の総収入は3055万ドル(約35億円)で、球団から3000万ドルの給料と、ナイキやローリングスなどのスポンサーから55万ドルの広告収入を受け取っている。ちなみに、1位のカーショウと同様に、プライスも2018年シーズン終了後に契約を更新しない権利を持っている。これから1年半の活躍次第では、さらなる大型契約を交わす可能性もありそうだ。

■3位(全体37位):ミゲル・カブレラ/デトロイト・タイガース、ベネズエラ

 球界を代表するスラッガーが3位にランクイン。現在34歳の右打者は、これまでにオールスターに11度出場し、ア・リーグのMVPに2度選出され、3冠王とワールドシリーズ制覇も1度ずつ経験している。この1年の総収入は3030万ドル(約34億円)で、内訳は球団からのサラリーが2830万ドル(2014年3月に8年間で2億4800万ドル:約281億円の契約を結んだ)、ウィルソンやオークリーなどの企業からの広告料が200万ドルとなっている。

■4位(全体40位):ジャスティン・バーランダー/デトロイト・タイガース、アメリカ

 こちらもタイガースに所属する34歳が、同い年の同僚であるカブレラに続いた。2011年にMVP、サイ・ヤング賞、投手3冠を達成した右腕もまた、主な収入は複数年の巨額契約にあり、2013年に7年間で1億8000万ドル(約204億円)の契約を現所属先と結んでいる。ここ1年の総収入は2880万ドル(約33億円)で、タイガースから2820万ドル、スポンサーのアンダーアーマーやテイラーメイドなどから60万ドルの広告料を受け取っている。

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

Sportivaムック
4月13日発売

定価 本体1,472円+税

フィギュア特集
『羽生結弦 平昌への道』
■ヘルシンキの激闘
■宇野昌磨、本田真凜ほか