ここから本文です

ドリキン土屋圭市の復帰第2戦! S耐オートポリスはトラブルでクラス4位

7/16(日) 21:39配信

WEB CARTOP

元F1ドライバーの中野信治選手と元2輪のGPライダー伊藤真一選手と共に闘う

 スーパー耐久シリーズの第4戦「TKUスーパー耐久レースinオートポリス~頑張ろう!!九州!」が、大分県のオートポリスで7月15日から16日にかけて開催された。

S耐第4戦画像ギャラリー

 このレースに、第3戦の鈴鹿に続いて、土屋圭市さんが「ST-TCRクラス」のシビックTCRの97号車で参戦。前回は同じチームの98号車とともに表彰台は確実というポジションでレースを進めるも、終盤のアクシデントで惜しくもクラス4位でフィニッシュ。今回は「ワンツーフィニッシュを狙うよ」と、雪辱を期して乗り込んだ。

 前回もお伝えしたように、土屋さんは2003年に現役を退いているので、公式戦への出場は14年ぶり。近年のレースマシンの価格高騰への対策のひとつとして、比較的ローコストなTCR車両によるレースを盛り上げようというチームの趣旨に賛同して、復活を決意したという次第。そのおかげで、前回の鈴鹿も今回のAPもシビックTCRのチームは大人気。ピットウォークでは、今回も土屋さん目当ての長い行列ができた。

 今回、97号車のAドライバーは2輪の世界GPで大活躍した名手の伊藤真一選手が務めた。土屋さんはBドライバーで、CドライバーにはF1で6位入賞の経験も持つ中野信治選手という、前回に負けず劣らずの豪華な顔ぶれが揃った。98号車の方はAドライバーに黒澤琢弥選手、Bドライバーに若手の石川京侍選手、Cドライバーにベテランの加藤寛規選手と、黒澤選手以外は現役の選手で戦っている。

 今回のST-TCRクラスは第2戦までと同様、シビックTCRの2台とアウディのRS3 LMSが2台という、ガチンコの4台勝負となった。今年のスーパー耐久は前戦までの成績に応じて、重量を積むウエイトハンディ制が採用されている。2勝しているシビックの98号車は50kg、同じく1勝して2位1回の97号車も30kgを課されているが、アウディ勢は45号車が15kg、19号車は10kgしか積んでいない。

 15日の公式予選はAとB、ふたりのドライバーのベストラップの合計タイムでグリッド順を決める。今回はハンディが軽いアウディ勢が速く、45号車がクラストップで、19号車が2番手で続いた。シビックは98号車が3位で、土屋さんの97号車が4位という結果だった。

 決勝前の記者会見で、土屋さんは「僕の予選までは、ちょっとセッティングに問題があったけど、Cドライバーの中野選手が仕上げに走ってくれて問題解決という感じ。タイムもバッチリで、期待してもらっていいと思います」とのことだった。

1/2ページ

最終更新:7/16(日) 21:39
WEB CARTOP

記事提供社からのご案内(外部サイト)

クルマの「知りたい」を完全網羅
新車試乗・最新技術・お役立ち情報 etc……
すべてがわかる自動車メディアの決定版