ここから本文です

ドルトムント香川、浦和戦2発のモルに「素晴らしい」と脱帽 競争激化も「楽しみです」

7/16(日) 12:50配信

Football ZONE web

3-2で勝利した浦和戦、ベンチから19歳レフティーの活躍を見守る

 ドルトムントのトルコ代表MFエムレ・モルが日本のサッカーファンに大きな脅威を与えた。15日に行われた「明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2017」の浦和レッズ戦で2得点を決めて、3-2の勝利に貢献。マン・オブ・ザ・マッチにも選出された。そのレフティーとポジションを争う可能性のある日本代表MF香川真司も、「持っているものは素晴らしい」とその才能に脱帽している。

【動画】浦和守備陣も脱帽! ドルトFWモルが2ゴール…「浦和×ドルトムント」のハイライト

 モルは後半開始と同時にピッチに立つと、右サイドから何度も浦和守備陣に襲いかかった。すると0-1で迎えた同31分、浦和DF槙野智章をドリブルで置き去りにしてペナルティーエリア内に切り込み、西川との1対1を左足アウトサイドで流し込んで同点ゴール。さらに同34分には、左サイドのDFマルセル・シュメルツァーの折り返しをダイレクトで決めて勝ち越しゴールもゲットした。わずか4分間での2ゴールと鮮烈な印象を残した。

 “トルコのメッシ”の異名をとるモルは、昨夏にデンマークのノアシェランからドルトムントに加入。そのテクニックには定評があったが、プレーに安定感を欠いたこともあって、昨季は公式戦19試合(先発6試合)の出場に止まっていた。競争の激しいドルトムントでは当落線上の立ち位置でレンタル移籍の可能性もあったが、ペーター・ボス新体制2戦目で最高のアピールに成功した。

 試合に出場しなかった香川は、ベンチからモルの活躍を見届けた。そして試合後には、「持っているものは素晴らしい。そして、それをしっかりと証明したことも素晴らしい」と19歳の活躍を称えた。

「ああいう若い選手を常に生かしながら…」

 さらに「ああいう若い選手がたくさんいるので、ああいう選手を常に生かしながら、僕は経験ある立場としてやっていかなければいけない」と、年長者らしいコメントも残している。

 若手の台頭により、昨季同様にポジション争いは激しくなりそうだ。香川は「上手くバランスを取りながらも、自分というものをピッチで出し続けていければいい。監督のサッカーやビジョンは僕はすごい好きですし、楽しみです」と意気込んでいた。

石川 遼●文 text by Ryo Ishikawa

最終更新:7/16(日) 12:50
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新