ここから本文です

禁煙補助薬より効果的?電子タバコ利用者の6割以上が「禁煙・減煙に成功」

7/16(日) 11:10配信

@DIME

JT全国喫煙者率調査(「2016年全国たばこ喫煙者率調査」)によれば、成人男性の平均喫煙率は29.7%で、まだ約1500万人が喫煙していると推定される。とはいえ昭和40年以降のピーク時(昭和41年・1966年)の 83.7%と比較すると、50年間で54ポイント減少したことになる。そんな中、DONIKAが運営する「電子タバコ専門店ベイプオンライン」は、電子タバコ利用者に対して禁煙サポート効果に関するアンケートを実施。その結果を公表した。

まず「電子タバコ(VAPE)のおかげでタバコを止められましたか?」と聞いてみると、30%の人が「タバコを止められた」、34%の方が「タバコの本数が減った」と回答。日本では薬機法(旧:薬事法)により、ニコチンを含む電子タバコ用リキッドは販売できないため禁煙補助薬としての「医療効果」がないにも関わらず、64%が電子タバコ(VAPE)による禁煙サポート効果を実感していた。

禁煙サポート効果の理由を聞くと、40%が「タバコを不味く感じるようになった」と回答。禁煙外来で処方される禁煙補助薬のように薬の効果でタバコを不味く感じさせるわけではなく、タールを含まない煙を吸うことで、相対的にタバコが不味く感じるようになり、自然と禁煙に進展したようだ。

また、22%の人はニコチンなしでも、煙を吸う行為だけで満足できていると回答。ニコチンパッチのようにニコチンを摂取しながら禁煙の習慣をつける方法とは違い、喫煙習慣をそのまま継続できるため、口唇欲求が満たされ、ストレスなく禁煙に成功したという声も上がった。その一方で、「本当は吸いたいが電子タバコ(VAPE)で我慢している」という回答が19%あった。それ以外の人は、実際には習慣で喫煙していたに過ぎないと考えられる。

「電子タバコ(VAPE)を使用後もタバコの本数が減っていない理由は何ですか? 」についても聞いてみた。これに関しては、41%がもともと禁煙するつもりで電子タバコ(VAPE)を使用していないという回答。

ま、23%は趣味嗜好としてタバコを楽しんでいるとの回答で、これらの方は電子タバコ(VAPE)も趣味の一つとして楽しんでいるようだ。「ニコチンが欲しく電子タバコでは満足できなかった」という回答は19%に留まっており、喫煙者の多くが実際には日常吸っているタバコの本数分ほどのニコチンを必要としていない、という結果が推察できる。

■調査概要
実施期間/2017年6月13日~6月19日
調査対象/以前からタバコを吸っていて現在電子タバコ(VAPE)を使用している方
調査方法/ベイプオンライン公式Twitterアカウントのアンケート機能
有効回答数/582件

文/編集部

@DIME編集部

最終更新:7/16(日) 11:10
@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2017年10月号
8月16日発売

定価600円

売り切れ御免!調理家電&ヒット食品
ふるさと納税 極ウマ返礼品・ベスト47
ホリエモン流 超仕事術公開
タイプ別 痩せるカラダマネジメント