ここから本文です

カビ・ダニは、放っておくと靴やオモチャにも!プロが教える梅雨どきのお掃除方法

7/16(日) 21:10配信

ESSE-online

ジメジメした気候が続きますが、カビやダニが活発になるのはまさに今頃。梅雨入り後から夏にかけて発生し、放っておくと大繁殖してしまいます。キッチンや毎日使うソファなどと違って、たまにしか使わない場所や物はとくに要注意。気がつくと手遅れ、なんていうことも。

「大繁殖してから退治するのは大変です。カビ・ダニは汚れを栄養源にするので、活動が活発になる前にしっかり掃除し、取り除きましょう」というのはハウスクリーニングのプロである尾崎さん。つい、掃除の手を抜きがちなスポットやものの掃除法と予防法について、教えていただきました。

【ベッドマットの掃除法】ダニ退治には、スチームアイロンで掃除。ベッド下の掃除機がけも忘れずに

●掃除法

汗を吸うベッドマットは、ダニが繁殖しやすいスポットのひとつだそう。「スチームアイロンをゆっくり当ててダニを死滅させ、布団用ノズルをつけた掃除機で吸い取ります。退治後は、マットを立てかけ、湿気を十分に飛ばして」。

●予防法

マットを汚さないよう、シーツやベッドパッドは小まめに洗濯しましょう。「ベッド回りにホコリがたまると、舞い上がってマットを汚す原因に。普段からベッド下の掃除機がけも忘れずに」。

【押し入れ・クローゼットの掃除法】服のホコリはブラシで払い、小まめに換気してカビ・ダニの予防を!

●掃除法

服やものを詰め込んだ押し入れ・クローゼットは、掃除がしにくい、通気性が悪い、とカビ・ダニが好む環境です。「中のものを取り出し、扇風機の風を送り込み湿気を飛ばします。壁や床のカビ汚れは、消毒用エタノールで除菌を」。

●予防法

予防の基本は、ものを整理し、通気性を確保すること。「服はしまう前にブラシでホコリを払う習慣を。収納には湿気をためる段ボールは使わず、まめに扉を開放して風を通して」。

【靴の掃除法】フチについたカビはエタノールを使って優しく除去。その際は目立たない場所から!

●掃除法

革靴についた白い粉は、カビの可能性が大といいます。「水滴がたまりやすいフチの部分に発生します。かたく絞ったタオルに消毒用エタノールをつけてふき取って。色落ちの心配があるので、内側など必ず目立たない部分で試してからにしてください」。

●予防法

一日履いた靴はすぐにしまわず、たたきにひと晩置いて、汗を飛ばして。「雨で濡れたときは丸めた新聞紙を靴に詰め、風通しのいい場所に置き、湿気を完全に取り除きます」。

1/2ページ

最終更新:7/16(日) 21:10
ESSE-online