ここから本文です

元小学校講師が見た、外国人だらけの小学校の日常

7/16(日) 11:00配信

ダ・ヴィンチニュース

 20年ほど前に私がフリースクールで外国人の子供たちに日本語を教えるボランティアの手伝いをしていた頃は、まだ地元の小学校でも外国人の子供は少なかった。所属していた民間の教育団体がペルー民族音楽のコンサートを企画したさいに、地域の小学校に通っている在日ペルー人の子供たちを無料招待しようと役所に問い合わせてみたら、外国人の子供の在籍については把握していないと言われたくらいだ。そしてコンサートの後援を取りつけた教育委員会からは、他の国の子供たちに不公平で差別になるから、小学校の外国人の子供たち全員を招待してほしいとの要請を受けた。役所でさえ対象者を把握していないうえ、会場の収容人数を超えてしまう可能性もあったため、招待については断念することになった。

 それから時は過ぎ、2005年に文部科学省が実施した調査によれば、日本の公立の小学校で日本語教育が必要な外国人の子供は約1万人以上で、都市部では1クラスに10人近く在籍しているらしく、元小学校講師だった作者による『外国人だらけの小学校はツッコミの毎日でした』(あらた真琴/ぶんか社)は、そんな小学校が舞台のコミックエッセイだ。

 やはり問題になるのは「言葉の壁」であり、日本語での言い間違いや漢字の誤りをモグラ叩きのように訂正する作者の姿には面白さと同時に苦労が滲む。ただし、それは小学校なら日本人の生徒でも同じことだろう。作者の勤務していた小学校では、作者が外国人の生徒に勉強の質問をすると、答えられない子の後ろから別の子がポルトガル語で教えてあげたり、喧嘩を作者に止められて仲直りの握手をしたところで、ボソッとポルトガル語で悪態をついたりと、言葉の壁を上手く使っている様子が微笑ましい。それから、3人の生徒がそれぞれポルトガル語と英語とタガログ語と別の言語で話しているのに、どうやら会話が成立しており作者が驚いていた。子供の順応能力は、なかなかに侮れない。

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ダ・ヴィンチ

株式会社KADOKAWA

2017年11月号
10月6日発売

特別定価​690円(税込)

【表紙】乃木坂46
祝!2期スタート 『おそ松さん』特集&だからアニメはやめられない!
「6つ子」描き下ろしトビライラスト
『おそ松さん』豪華キャストによる、特別鼎談!!

Yahoo!ニュースからのお知らせ