ここから本文です

「筋肉」が病魔と戦う? 運動で分泌される「マイオカイン」驚きの効能

7/16(日) 8:01配信

デイリー新潮

 一昨年9月、胆管がんで亡くなった女優の川島なお美(享年54)が、死の直前になって、イベントに姿を見せたことをご記憶だろうか。心配していたファンは彼女の笑顔を見て胸を撫で下ろしたものだが、気になったのは異常に痩せ衰えた姿だった。また、同じ年の5月、大腸がんで亡くなった俳優の今井雅之(享年54)も、亡くなる1カ月前に開いた記者会見での痩せた姿に記者たちは言葉を失った。

 東京の江戸川病院で腫瘍血液内科部長を務める大澤浩医師が言う。

「がん患者の多くは病気が進行してくると骨格が浮き上がって見えるほど痩せ細ってしまうのです。これは悪液質(カヘキシア)と呼ばれる病態で、亡くなる前の川島さんや今井さんのお姿は典型的なカヘキシアと言えます」

筋肉からのホルモン

 なぜ、末期がんの患者は痩せてしまうのだろうか。原因は単に食欲が衰えるだけではない。

「病状が進行してくると、がん細胞は自分自身が生存するために骨格筋にため込まれているグリコーゲンやたんぱく質をエネルギー源として使いはじめるのです。筋肉が多い腕や太腿、腰回りがどんどん痩せて行くのはそのためです」(同)

 研究者が注目するのは、筋肉の急激な衰えが死につながっているという点だ。

 首都大学東京・大学院の藤井宣晴教授によると、

「がん細胞を移植し、人工的にカヘキシアにしたマウスに筋肉増強剤を投与してみた実験があります。筋肉増強剤を打たなかったがんマウスは筋肉が減少し、全部が衰弱死する。ところが、筋肉増強剤を打ったマウスはがん細胞が増殖しても筋肉量と体重が維持され、10%しか死ななかった。つまり、生存率が飛躍的に上がったのです。これは、がんに罹ったとき、筋肉が生命維持のために何らかの役割を果たしていることを意味しています」

 筋肉には体を動かすためだけではなく、病魔と戦う役割もあるのではないか。それが明らかになってきたのは最近のことだ。

「がんに罹っていなくても、運動している人は、将来のがん発症リスクが低いことが分かっています。これは、疫学調査のデータではっきりしている。さらに、2015年に『アメリカがん研究協会』などが、肺がんや食道がん、肝がん、乳がん、そして骨肉腫など少なくとも13種類のがんに関して、運動の効果が確実にあると医師会誌で発表している。世界的にも運動することにがん予防効果があることが認められてきているのです」(同)

 もっとも、運動とがんの関係はまだ不明なことも多く研究途上にある。だが、次第に分かってきたのは、筋肉から身体を守る有益なホルモンが出ていることである。それが「マイオカイン」だ。

1/2ページ

最終更新:7/26(水) 18:08
デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売
「新潮45」毎月18日発売

「デイリー新潮」は「週刊新潮」と「新潮45」の記事を配信する総合ニュースサイトです。