ここから本文です

第69回エミー賞ノミネート作から、選出外でも知っていたら自慢の人気ドラマをピックアップ

7/17(月) 12:10配信

ハーパーズ バザー・オンライン

2017年7月13日(現地時間)、第69回エミー賞のノミネートがノースハリウッドにあるウルフ・シアターで発表された。エミー賞はテレビ界のアカデミー賞と言われる大祭典で、昨年の受賞式ではHBOの人気ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』が作品賞を含む合計12部門を受賞し話題に。

第69回エミー賞のノミネート作から惜しくも賞を逃した作品までをおさらい

今年の話題作は何と言っても最多22部門にノミネートされた、J・J・エイブラムスが製作総指揮を務めるSFスリラー『ウエストワールド』とコメディ番組『サタデー・ナイト・ライブ』。その他にNetflixで配信されている人気SFドラマ『ストレンジャー・シングス 未知の世界』も18部門のノミネートを受けた。

Amazonプライム・ビデオやNetflix、Huluなどのビデオ配信サービスからオリジナルドラマが続々製作されるなか、エミー賞を主催するアメリカのテレビ芸術科学アカデミー(The Academy of Television Arts & Science)のへイマ・ワシントン会長はオープニングスピーチの冒頭で「今年はエントリー作品がさらに増加している」ことを報告。つまりは優れた作品が多数存在するがゆえに、惜しくも賞を逃した作品や候補者が多かったというわけ。

そこで今回は、エミー賞にノミネートされた話題の作品&候補者や選出漏れしたけど知っておきたい人気ドラマをピックアップ。ぜひ、参考にしてみて。

『GIRLS/ガールズ』

今年2月よりファイナルシーズンが放送されたHBOドラマ『GIRLS/ガールズ』。ミレニアル世代から熱い支持を集め、一大ブームを巻き起こしたドラマがついに終わりを迎えた。最終章となったシーズン6は、かつてないほどのサプライズ満載だったのに、ノミネートされたのはゲスト男優&女優賞だけというサプライズが発生。

『モダン・ファミリー』

2010年~2014年にかけて人気を博し、エミー賞のコメディ部門を5年連続で受賞した『モダン・ファミリー』が今年もコメディ部門に選出。でもそろそろ『ファン家のアメリカ開拓記』や『Speechless(原題)』、『Insecure(原題)』、『The Good Place(原題)』といった新しいコメディドラマに、その座を譲ってもいいのでは?

『Insecure(原題)』

黒人女性の葛藤を描いた『Insecure(原題)』は、今もっとも面白いコメディドラマといっても過言ではないだろう。コメディ部門、コメディ部門の主演女優賞、コメディ部門の助演女優賞は確実と思われたけれど、まさかの惨敗。

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ハーパーズ バザー

ハースト婦人画報社

2017年9月号
2017年7月20日発売

定価:700円

1867年にNYで誕生した世界初の女性
ファッション誌『ハーパーズ バザー』。
厳選された情報を美しいビジュアルと
ともに発信しています。