ここから本文です

藤井聡太「将棋を教えてくれた祖父」が亡くなっていた

7/17(月) 6:00配信

SmartFLASH

「聡太は、訓一のことをとても慕っていた“おじいちゃん子”。訓一は、いつも『聡太がああなった、こうなった』と言っていたね」と語るのは、清水甲作さん。

 藤井聡太四段(14)の、2016年2月に亡くなった祖父・清水訓一さん(享年79)の兄だ。最年少で公式戦連勝記録歴代1位となった“天才”が5歳のころに将棋を教えたのは、隣に住む訓一さんだった。小4の9月、藤井四段が関西奨励会に入ると、訓一さんが、東京に単身赴任中の父・正史さんに代わり、付き添った。

「聡太が将棋に夢中になるのが、嬉しかったんでしょうね。(母親の)裕子と交代で、週に一回、愛知県瀬戸市から、大阪へ。聡太が将棋を指している間、ずっと会館で待っとったそうです」

 2015年10月、訓一さんは肝臓を患い入院する。

「すぐ退院して、好きな酒を飲んどったけど、肝臓ガンだった。聡太は、見舞いのたびに涙ぐんでいたみたい」

 大好きな祖父を失った10カ月後、公式戦デビュー。活躍はご存じのとおりだ。

「プロになった姿は見られなかったけど、天国からも、応援してくれとるでね。だから聡太も、これだけ行けたと思うとります」

 今も近くで、藤井四段を見守る祖父。常勝の約束が、2人の間に固く結ばれている。
(週刊FLASH 2017年7月11日号)

最終更新:7/17(月) 6:00
SmartFLASH