ここから本文です

「音楽をボーダーレスで楽しんで」Suchmos、藤原さくら、SHISHAMOら出演、大阪野外夏フェス大盛況!

7/17(月) 12:00配信

otoCoto

2017年7月16日、大阪にある万博記念公園もみじ川芝生広場にて『FM802 MEET THE WORLD BEAT 2017』が開催された。ラジオ局主催の音楽イベントとして、日本最大級の野外フェスは、今年で28回目を迎えた。出演アーティストは、Suchmos、GLIM SPANKY、SHISHAMO、片平里菜、藤原さくら、福耳、RIRI、クリープハイプ、尾崎裕哉、ゆずの10組(出演順)。福耳のメンバーは杏子、山崎まさよし、岡本定義(COIL)、あらきゆうこ、元ちとせ、スキマスイッチ、長澤知之、秦基博、さかいゆう、浜端ヨウヘイ、松室政哉。

会場には30万通を超える応募の中から見事に当選したFM802のリスナー、7,000組14,000名が無料招待された。出場した10組のアーティストの中から、一部の模様を前編、後編に分けてお伝えする。


◯Suchmos

トップバッターを務めたのは昨年「STAY TUNE」で大ブレイクを果たしたSuchmos。ボーカルを務めるYONCEは、登場すると深々とお辞儀をして「今日のこのステージ、6人で立てることを嬉しく思います。大阪のみんな、よろしく!!」とオーディエンスに問うと大歓声が沸き起こった。「Pacific」「YMM」「WIPER」と立て続けに披露。「音楽にはボーダーがないから、今日出てくる出演者をボーダーレスで楽しんでください!」と煽り、最後は「STAY TUNE」で締めくくった。YONCEはFM802の番組「MUSIC FREAKS」(日曜 22時~24時 藤原さくらと隔週で登場)のDJも務めている。

◯SHISHAMO

今や、10代の恋愛ソングのカリスマ的存在となった3ピースバンドSHISHAMOは、2年ぶり、2度目の登場となった。1曲目の「君と夏フェス」ではサビのメロディーに合わせてオーディエンスのうちわが大きく揺れ、「由緒正しきライブに出られたことが嬉しいです!」と宮崎が喜びを語った後は「僕に彼女ができたんだ」「夏の恋人」を披露。「暑いけど、裏にある仮設トイレが涼しかった」と宮崎が笑いを誘った後は、新曲「BYE BYE」で大きな拍手を浴び、最後はCMソングでもおなじみ「明日も」で大いに会場を沸かせた。

◯片平里菜

パンチの効いた楽曲も多い片平。FM802で放送している「FLiPLiPS」(月曜~木曜 11時~15時 ※月曜・火曜DJ 内田絢子/水曜・木曜DJ 加藤真樹子)の月曜日のコーナー「SO FINE 内田マンション」では“住人”の一人として楽しいトークを聞かせている。挨拶代わりに「女の子は泣かない」を披露。続く「Come Back Home」のサビではオーディエンスの合唱が起こり、盛り上がりに華を添えた。最後は「自分の名前の誇りを胸に、ここに来ました」と、自身の名前をモチーフにした曲「なまえ」をしっとりと歌い上げ、片平の透き通る美声が会場中に響きわたった。

1/2ページ

最終更新:7/17(月) 12:00
otoCoto