ここから本文です

ドローンで撮影! 息をのむほど美しい、リゾートで挙式したカップルの“空撮写真”

7/17(月) 17:10配信

25ansウエディング

アクアブルーのビーチや雪山でのリゾートウエディングは新郎新婦の憧れ。一生の記念に残すためにも、空からウエディングフォトを撮ってみるのはいかが? フォトグラファーのヘレネ・ハバードが新郎新婦のために、あの“ドローン”を使った斬新な方法で撮影にトライ! 壮大な風景をバックにした、素敵な2ショットの数々を見てみて。

【写真】岩の上に寝たり、森の中で撮影したりとドローンを使った写真は幻想的

「結婚式はカップルにとってかけがえのない、2人だけのための日だといつも思っている」というフォトグラファーのヘレネ・ハバード。「だから空から2ショットを撮るのよ。世界にたった2人だけだってことを表現するためにね」。ドローンを扱っている「フライング・ワールド・ピクチャーズ」と協力しているのもそのため。ドローンを使うと、誰もいないタヒチの桟橋での撮影も思いのまま。

彼女がドローンを使うもう一つの理由は、周囲の自然をしっかりとフレームにおさめるため。「ひとけのない美しい自然に囲まれている新郎新婦が撮りたいの」。上空から撮れば、ヤシの木もまるで天蓋のよう。

結婚式が終わったら、新郎新婦に冒険をしてもらうのが好きというハバード。フランス領ポリネシアのモーレア島で結婚式を挙げたこのカップルにはウエディングドレスのまま海にダイブしてもらったそう。美しい海を背景に、記念の一枚!

ドローンを使えば離れた位置から撮影できるので、より大きな景色をフレームにおさめることができるのも魅力。壮大な山々を背景にすれば、臨場感たっぷりなウエディングフォトに。

翻訳/長坂 陽子 From Town & Country USA

記事提供社からのご案内(外部サイト)

25ansウエディング

ハースト婦人画報社

結婚準備スタート2018春
2017年9月7日発売

1500円+税

『25ansウエディング』は、人生最大のイベントである結婚を真剣に捉えるふたりのために
「真のラグジュアリー・ウエディング」を提案します。年間6種類。