ここから本文です

ゆず、1万4000人の観客と一緒に「タッタ」ダンスで会場揺らす

7/17(月) 17:00配信

otoCoto

2017年7月16日、大阪にある万博記念公園もみじ川芝生広場にて『FM802 MEET THE WORLD BEAT 2017』が開催された。ラジオ局主催の音楽イベントとして、日本最大級の野外フェスは、今年で28回目を迎えた。出演アーティストは、Suchmos、GLIM SPANKY、SHISHAMO、片平里菜、藤原さくら、福耳、RIRI、クリープハイプ、尾崎裕哉、ゆずの10組(出演順)。福耳のメンバーは杏子、山崎まさよし、岡本定義(COIL)、あらきゆうこ、元ちとせ、スキマスイッチ、長澤知之、秦基博、さかいゆう、浜端ヨウヘイ、松室政哉。

会場には30万通を超える応募の中から見事に当選したFM802のリスナー、7,000組14,000名が無料招待された。出場した10組のアーティストの中から、一部の模様を前編、後編に分けてお伝えする。


◯福耳

代表曲のひとつ「星のかけらを探しにいこう」のイントロが流れた途端、オーディエンスは総立ちに。続いて「福耳の杏子です!」「福耳の秦基博です!」「福耳の山崎まさよしです!」といった具合にメンバー全員が挨拶。8月23日に発売される5年ぶりのシングル「Swing Swing Sing」をお披露目した。オーディエンスがノリノリの中、続いて秦基博の名曲「ひまわりの約束」のイントロが演奏された瞬間にさらなる大歓声が湧き上がり、福耳のメンバーみんなで熱唱。さらに、山崎まさよしの「これからは私が歌い継いでいきます!」との一言で「セロリ」を福耳みんなで披露。途中のラップ部分では大橋卓弥(スキマスイッチ)と、さかいゆうが見事にやりきり、ファンを喜ばせた。さらに福耳の新曲「ブライト」、スキマスイッチの名曲から「全力少年」を熱唱し、暑さを吹き飛ばしていた。

◯RIRI

17歳の現役高校生シンガー、RIRIは「RUSH」が FM802の6月のヘビーローテーションにも選ばれたほどの実力派。1曲目の「GOLD」を披露すると、そのダイナミックな歌声と美声から「え? まだ17歳なの?」と驚く声も会場から聞かれるほどだった。ステージ狭しと動き回り、続く「Heart Can’t Lie」「RUSH」で、観客をすっかり虜にしていた。

◯クリープハイプ

ボーカルを務める尾崎世界観の小説『祐介』のヒットや、メディアへの露出も急増しているクリープハイプは「HE IS MINE」「ラブホテル」「5%」 「鬼」を披露。続いて 「本当によく、ラジオでかけてもらいました」と感謝の言葉を添えて「イト」を演奏した。すっかり観客を魅了したところで、尾崎がまだアルバイトをしていた頃、同局が主催しているイベント「MINAMI WHEEL」への出演依頼が来た時、非常に嬉しかったと振り返った上、「FM802はロックバンドの味方だと思います。これからもお世話になりたいし、できれば、お世話したいと思います(笑)」と話すと場内から大きな歓声が起き、最後は「憂、燦々」を熱唱した。

1/2ページ

最終更新:7/18(火) 10:48
otoCoto