ここから本文です

音喜多都議の出演キャンセル!都政はどう進んでいくのか。 --- 川松 真一朗

7/17(月) 14:43配信

アゴラ

東京都議会議員の川松真一朗(墨田区選出・都議会自民党最年少)です。

よるバズ・ファミリーとして

昨日(15日)は今回の当選後初めてとなるAbemaTV「みのもんたのよるバズ」に出演させて頂きました。選挙当日は開票作業中の重苦しい空気の中で選挙事務所から中継で出演もした事も含めて「よるバズ・ファミリー」として出演者の皆様と一緒に都政を考えて参りました。

しかしながら、ここに出演予定であった音喜多都議が都民ファースト事務局からの指示で強制的に出演見合わせという事で私も拍子抜けに。番組からすると前々からキャスティングしていたのに、突然のキャンセルで代役を探したけれども見つからなかったとの事。

都議会自民党も重要案件についての取材受けは党の方向性を語る事になるので「慎重に対応」という事はよくありますが、個々人のテレビ出演判断は各議員に委ねられておりました。昨年の都知事選の頃は宇田川幹事長でしたが、FMラジオやネットテレビに出るなと言われる事は無く、むしろバンバン喋って来いと言われたものです。

朝日新聞の指摘もあり

たまたま朝日新聞が「都民ファ取材制限、いつまで? 新顔の発言にピリピリ」(http://www.asahi.com/articles/DA3S13037513.html)という記事を出したばかりで混同されがちでしたが、あくまで朝日新聞の記事は新人議員について。これまで都民ファーストの顔として、一番テレビで発言されてきた音喜多都議への制限の意図も分かりづらいところです。小池知事は既に代表を退かれていますから、この事務局方針に関与されていはいないだろうと思いますが。

議員同士の議論が出来る機会

私もテレビ討論に出るのはBSフジのプライムニュース含めて積極的な姿勢です。というのも過去に音喜多都議がアゴラで言及されている通りでして(議会は「議員同士で議論をする場に変わるべき」?!(http://agora-web.jp/archives/1671424.html))、現行の地方議会では議員が議員に質疑は出来ません。あくまで議員は知事はじめ東京都庁の役人に質問するのです。ですので、私にとってテレビ討論は多くの皆様がご視聴される中で、各党各会派の政策の違いが見えやすいと考えています。

私自身は都議会自民党の報道室を任せられている身ですから、時間の都合さえクリア出来れば出来るだけ説明責任を果たさせて頂きたいと考えています。よく、街を歩いていると「お昼のワイドショーに何故出ないのか?」と言われます。しかしながら、ほぼ毎日ですが日中は議会人として会議があったり調査研究の為のヒアリング作業などビッチリと政務活動に励んでいますので中々時間が確保出来ないという事を記しておきます。

1/2ページ

最終更新:7/17(月) 14:43
アゴラ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

アゴラ-言論プラットフォーム

アゴラ研究所

毎日更新

無料

経済、ビジネス、情報通信、メディアなどをテーマに、専門家が実名で発言することで政策担当者、ジャーナリスト、一般市民との交流をはかる言論プラットフォーム