ここから本文です

今季のゲリラ豪雨のピークは8月中旬、東京都・愛知県・大阪府でも200回以上の発生を予想

7/17(月) 12:10配信

@DIME

今や都市部においては災害的な要素も帯びてきた「ゲリラ豪雨」。この「ゲリラ豪雨」とは、急激に発達する積乱雲がもたらす突発的かつ局地的な激しい雨のことで、太平洋高気圧が弱まって湿った空気が流れ込んだり、上空の寒気が通過し、大気の状態が不安定になった時に発生しやすい現象だ。

ウェザーニューズは、突発的かつ局地的に激しい雨や落雷をもたらす「ゲリラ豪雨」に対し、事前対策への意識を高め、被害軽減につなげるため、7~9月の『ゲリラ豪雨傾向』を発表した。

2017年7~9月のゲリラ豪雨は、全国で7043回発生すると予想。過去3年平均と比べると3割増で、多発した昨年と同程度になる傾向だという。特に湿った空気が流れ込みやすい東北北部や近畿北部、山陰では、昨年より5~8割発生回数が増える予想となっている。

 都道府県別にみると、青森県は昨年比8割増の予想で、今シーズンは東北トップの197回発生する見通しだ。その他、岩手県、滋賀県、京都府、島根県は昨年比6割増、秋田県、鳥取県は昨年比5割増を予想しており、今夏は昨年以上に注意が必要。また、人口の多い東京都、愛知県、大阪府でも7~9月の期間中に200回以上の発生を予想しており、決して油断はできない。なお、全国で最もゲリラ豪雨の発生が多いエリアは昨年と同様に関東甲信で、2359回の予想となっている。

今シーズンのゲリラ豪雨発生のピークは、8月中旬の予想。8月中旬だけで全体の約3割の発生が予想されている。時期別のゲリラ豪雨の発生回数は、7月下旬にかけて各地で梅雨明け後、東日本は高気圧にしっかりと覆われるため比較的少ない見込みだが、東北や西日本は湿った空気の影響で発生しやすくなる。

8月上旬になると、東日本を含め発生回数が増えはじめ、8月中旬は高気圧が勢力を弱めるタイミングがあり、全国的にゲリラ豪雨が多発する恐れがある。お盆休みの期間中は山や海だけでなく、市街地でも注意が必要だ。9月上旬は高気圧の勢力が強く、全国的に残暑となる傾向で、内陸部を中心にゲリラ豪雨の発生の可能性がある。9月中旬は台風接近の恐れがあり、その後は急速に季節が進んで、ゲリラ豪雨も終息に向かう。

文/編集部

@DIME編集部

最終更新:7/17(月) 12:10
@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2017年11月号
9月16日発売

定価600円

RIZAPの真実。
2018年最新手帳 格付けレビュー
スーパー中学生のつくりかた