ここから本文です

あの頃これがしたかった!電話代と話し中に悩まされた「パソコン通信」

7/17(月) 17:11配信

@DIME

現代の様にインターネットが普及していなかった1980年代。

家庭の娯楽の中心は、ラジオ、そしてテレビでした。

その後、コンピュータの世界でも、小型軽量化が図られるようになって来て、一般向けのマイクロ・コンピュータが、個人でも入手出来る価格帯になると、パソコンを嗜む(たしなむ)層が徐々に増えて来ました。

かつてのパソコンは、ネットワークには繋がれず、単独で稼働させる(スタンドアローン)のが一般的でしたが、1985年の「通信自由化」により個人でも、パソコン同士で通信を行う事が出来る機器「モデム」を購入して、自宅の電話回線に接続する事が可能となったのです。

そして1980年代後半頃から、いよいよ商用のパソコン通信のサービスが開始されました。

PC-VAN、ニフティサーブ、アスキーネットetc…。

パソコン及び通信ソフトの普及、そしてモデムも安価な物が発売される様になってきて、パソコン通信は徐々に人々の間に普及する様になってきました。

wikipediaによれば、1989年末頃には、商用大手9社の加入者数が20万人台、草の根ネットに至っては、24時間運営局だけでも300局以上、といった規模にまで大成長した様です。

さて、パソコン通信の普及に伴い、顕著になったのが、「パソコン通信をすると、その家の電話が繋がらなくなる」件でした。

当時はまだ光ファイバーやADSLが、現代のように実用化され普及されていなかった時代。

パソコン通信の接続方式の主流は、「ダイヤルアップ接続」と言って、一般の電話回線に接続されたアナログモデムが、プロバイダ指定のアクセスポイントに電話をかけて、サーバとパソコンが送受信するデータを、音声信号で行う仕組みでした。

この方式は、今まで使っていた電話回線を、すぐにでもパソコン通信でも使える様に出来るカンタン便利な方式ではあったのですが、通信を行っている間は、常時電話を繋ぎっぱなしの状態だった為、誰かがこちらに電話を掛けても、ずっと通話中であり連絡が取れない事態に陥ってしまいました。

今だったら、「大切な要件があるんだから、一旦パソコン通信の接続を切って電話に出ろ!」

…と、LINEやSMSですぐにこちら側に連絡する事が出来たんでしょうが、当時は勿論そんなものはありません。電話しか連絡手段が無かったのですから、それが繋がらなかったら、まさにお手上げです。(まぁ厳密に言えば「電報」という連絡手段が無くは無いですが…。)

従って、心置きなくパソコン通信を楽しんだあと、電話待ちをしていた相手に、「急ぎの用事があったのに!」と、後でしこたま怒られました。

また、年に何回か帰省する事があり、その際、ノートパソコンとモデムを持ち帰って、実家でもパソコン通信を楽しもうという計画を企んでいたのですが…。

現代であれば、定額制料金の通信サービスが有るので、あまり電話代の心配をする必要は有りませんが、その当時、(主に)東京に有るプロバイダのホスト宛に通信をするのは、電話代が無茶苦茶掛かって大変でした。

例えば本州の端にある実家から、東京宛に音声電話を掛けると、軽く5分~10分通話しただけで、あっという間に千円越えの電話代が掛ってしまう時代だったのです。

更に、プロバイダ自身の回線利用料も別途発生するので、とてもじゃありませんが、実家にいる間は、おいそれとパソコン通信を楽しむ事は出来ませんでした。

…その後大手プロバイダは、全国にアクセスポイントを増設して、電話代で逼迫している地方在住のパソコン通信愛好者の要望にも、出来るだけ応えようとしましたが、筆者の実家の近くには新規APがなかなか開設されなかった為、帰省の間はパソコン通信が楽しめない時期が長く続きました。

しばらくの間、パソコン通信のユーザーにとっては、電話料金・回線利用料の従量制料金について、常に頭を悩ます問題だったのです…。

…話は変わって、当時のパソコン通信の「メール」についてのお話をすると、パソコン通信黎明期では、イマドキのインターネットの様に、お互いにネットワークを接続して、全世界でメールのやり取りをする、という状況では無かった為、同一プロバイダ会員同士のやり取りだけに限られていたので、今ほどは頻繁に使われていませんでした。

連絡を取りたい人が居るのであれば、いつもの掲示板を覗きさえすれば、お馴染みのメンバーと出会うことは比較的容易だった為、「メールの機能なんて、いらないんじゃない?」なんて話が語られる事さえ、たまにありました。(記憶違いだったらスミマセン)

今では考えられない様な話ですが、その時にメールの機能が無くならなくって良かったですね!

あの頃これがしたかった!(していました)日本中のパソコンユーザーと電話回線を使って電子掲示板で語り合うことが出来たサービス「パソコン通信」その2…。続きます。

※記事中の情報は、執筆時点のものとなります。
※本記事は、あくまでも筆者の微かな記憶と主観に基づき、独断と偏見で飛躍したテキトーな表現による単なるエッセイであり、特定メーカーや機種、人物等を貶める意図等は全くございません。
※本記事に登場する、登場人物のキャラクターや言動は全てフィクションです。

文/FURU

@DIME編集部

最終更新:7/17(月) 17:11
@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2017年9月号
7月15日発売

定価750円

目利きが選んでテストしたスゴ技 日用品
施設内でポケモンスタンプをゲットしよう
大人の夏の過ごし方徹底指南!
都会の夜はビアテラスで