ここから本文です

『真田丸』で嫌われ役に徹した峯村リエ、本当はどんな人か探ってみたら

7/17(月) 16:00配信

週刊女性PRIME

古舘プロジェクト所属の鮫肌文殊、山名宏和、樋口卓治という3人の現役バリバリの放送作家が、日々の仕事の中で見聞きした今旬なタレントから裏方まで、テレビ業界の偉人、怪人、変人の皆さんを毎回1人ピックアップ。勝手に称えまくって表彰していきます。第26回は山名宏和が担当します。

峯村リエ 様

 今回、勝手に表彰させていただくのは、女優の峯村リエさんである。

 名前を聞いただけではピンとこなかった方も、顔写真を見れば、誰のことだがわかるだろう。

 以前から気になる脇役としてドラマに出演していたが、今年に入ってから『踊る! さんま御殿!!』や『ダウンタウンDX』(ともに日本テレビ系)などのバラエティ番組にも出演するようになり、認知度は一気にアップ。おそらく本人は真剣なのだろうが、どこかふざけた感じが拭えないトークで異彩を放っている。

 突然のブレイクのきっかけは、昨年のNHK大河ドラマ『真田丸』の大蔵卿局(おおくらきょうのつぼね)だ。脚本を書いた三谷幸喜さんも絶賛したヒール役。その役柄のせいで「私自身も嫌なヤツと思われて困っている」とある番組で嘆いていたが、実際はどんな人物なのだろうか。

 峯村さんは舞台出身。今でもナイロン100℃という劇団に所属し、舞台にもよく出演している。今回、僕の揖保乃糸ほどの演劇人脈を使って、彼女の人物像を探ってみた。

 関係者からもっとも多く返ってきたのは、こんな印象だ。

「人当たりがいい」

「誰とでもすぐ友達になる」

「知り合いの数が多い」

 実は『真田丸』は一度も観ていないので、想像で書くが、大蔵卿局とは真逆の評判である。

「共演者がやりやすい」

 そんな声もあった。

 舞台の稽古中、掛け合いのシーンなどでは、役者どうしで演技プランを考えることもある。そういうとき、年下の提案になかなか乗ってくれない役者も多いと聞く。だが、峯村さんの場合、後輩のアイデアでも面白いと感じたら、面倒なことは言わず、とりあえず試してみてくれるという。これは共演者、特に年下の共演者にとってはかなり嬉しいはずだ。

1/2ページ

最終更新:7/17(月) 16:00
週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」8月15日号
/ 毎週火曜日発売

定価390円(税込)