ここから本文です

1年間で平均6万円の食材ロスを節約! これが【冷蔵庫】の正しい使い方

7/17(月) 19:00配信

週刊女性PRIME

 ひと家庭で年間に廃棄する食材の金額は、平均なんと6万円! 実は、冷蔵庫の使い方をちょこっと見直してみるだけで、そのムダはグ~ンと減らせるんです! 庫内がスッキリ片づくことで、家事も効率化し、時短や節電にも!! 

★詳しい写真はこちら★

  ◇   ◇   ◇  

 冷蔵庫の進化は日進月歩。野菜はみずみずしさを長く保ち、肉や魚のうまみは逃げにくくなった。とはいえ、必ずいつかは腐る。“永遠”はありえない。

「環境庁が京都で調査をしたところ、家族4人の1年間の食品ロスは平均6万円。それだけあれば、家族旅行も外食もできるのに……もったいない!」

 こう話すのは、ラク家事アドバイザーの島本美由紀さん。腐った、余った、賞味期限が切れたなど、ロスの理由は複数あれど主な原因はひとつ。冷蔵庫を正しく使っていないから! 

まず押さえたい、買い物の注意点

 食材をムダにしない第一歩は、賢い買い物にあり。

「冷蔵庫の在庫を見て、夕食のメインだけでいいのでメニューを決め、メモを作ってスーパーに行きましょう。時短ショッピングになり、必要なものだけを適量買えて、節約につながります。ちなみに空腹時は買いすぎる危険性大なので、避けるか、おやつをひと口食べるかして、出かけてくださいね♪」

 買った食材の収納法については、島本さんの冷蔵庫をお手本にしたマル秘テクニックをご紹介します。

冷蔵室「よく使う場所だからこそ“7割収納”」

 冷蔵室には、何でもやみくもに詰め込みがち。「詰め込みすぎて吹き出し口がふさがれると冷気の流れが悪くなり冷却効率もダウン。ムダ買いの原因である“食材の迷子”を防ぐためにも、ゆったり7割収納が正解です」(島本さん・以下同)

【A】3分の1のスペースをあける

 7割収納のために、カゴやトレーなどを使って、空間を仕切り3分の1の空きスペースを確保しよう。いただきものや余った料理など、突発的な食材の保存にも便利。

【B】ものの指定席を作る

「ないと思ったけど、あった」が、食材のダブり買いを引き起こす。ものの指定席を作れば食材の見失いがなく、さらに素早く冷蔵庫から取り出せるので、電気代の節約にも◎。

【C】最上段はドリンクや保存期間の長いものを

 目線のあまりいかない最上段は、ドリンクや乾物など日持ち食材の指定席。「この棚は前後に分けて使うと出し入れしにくいので、奥行きが棚と同じくらいの、トレーやカゴを利用するのがオススメ」

【裏ワザ1】100均のトレーの裏にクリップをテープで貼り、前方に向かって斜めになるようにする。ドリンクを収納すると、前方の1本を取るたび次の1本が転がる、コンビニ方式になる。

【D】「これなんだっけ」を減らす中身の見える容器に入れる

「中身が見えない容器に常備菜や余った惣菜を入れると、存在自体を忘れてしまいます」。透明なプラスチックやガラスのものを使い、さらに同じ容器で統一すると、スペースの効率化にも。

【E】可動棚は臨機応変に使う

 棚に奥行きがありすぎると、食材が埋もれ、使い忘れ→腐らせるという負の連鎖に。「スライドタイプは半分しまって手前を広く使い、棚板の間隔が調整できるものは、最下段の棚をはずすとスペースが有効に使えます」

【F】取り出しやすくまとめる

 バターやジャムをひとつにまとめた“朝食セット”や、保存食材をまとめた“お弁当セット”など、用途や使うタイミング別にざっくりとひとまとめ。散らからず、残量も把握しやすく、サッと取り出せて便利! 

1/3ページ

最終更新:7/17(月) 19:00
週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」10月31日号
/ 毎週火曜日発売

定価390円(税込)

Yahoo!ニュースからのお知らせ