ここから本文です

C大阪、鹿島と対戦するセビージャで要注目はこの「3人」!

7/17(月) 15:00配信

SOCCER DIGEST Web

メガクラブがこぞって注視する大型MF。

 現在、来日中のセビージャは、7月17日にセレッソ大阪、22日に鹿島アントラーズと対戦する。
 
 リーガ・エスパニョーラでは、レアル・マドリー、バルセロナ、アトレティコ・マドリーの「3強」に続く第2グループの筆頭格で、昨シーズンはその3チームに次ぐ4位。チャンピオンズ・リーグ出場権(4位以上)を獲得している。
 
 近年は欧州の舞台でも結果を残し、ここ11シーズンでヨーロッパリーグを5度も制覇。2013-14~15-16シーズンには前人未到の3連覇を達成している強豪だ。
 
 セビージャと言えば、「育成」と「発掘」にも定評がある。いまや世界最高のDFのひとりとなったセルヒオ・ラモス(現R・マドリー)をはじめ、ヘスス・ナバス(マンチェスター・シティを退団し、現在は無所属)やホセ・アントニオ・レジェス(エスパニョールを退団し、現在は無所属)などがこのクラブの下部組織出身だ。
 
 前スポーツディレクターのモンチ(現ローマSD)が確立した「安く買って高く売る」という補強戦略は欧州でも有名。その最たる例が、ダニエウ・アウベス(現パリSG)だ。ブラジルのバイーアからわずか55万ユーロ(約6600万円)で獲得し、6年後にバルセロナに3550万ユーロ(約42億円)で売り捌いたのだ。
 
 ほかにも、イバン・ラキティッチ(現バルセロナ)やルイス・ファビアーノ(現ヴァスコ・ダ・ガマ)、カルロス・バッカ(現ミラン)、グジェゴシュ・クリホビアク(現パリSG)などがセビージャで名を揚げている。
 
 いわばメガクラブへステップアップを果たす「一歩手前」の選手が数多く在籍しているのが、セビージャというクラブだ。今回はそんな中から注目すべき3選手を紹介する。
 
 1人目は、フランス人MFのステベン・エヌゾンジだ。190センチ・88キロの恵まれた体躯とリーチの長さを活かしたボール奪取が特長のアンカーで、大柄ながら足元の技術も高い。頻度は多くないものの、機を見て繰り出す前線への持ち上がりは迫力満点だ。
 
 昨シーズンの活躍で評価が気上昇し、ユベントスやインテル、パリSGなどのメガクラブがこぞって獲得に興味を示している。

【PHOTO】日本サッカーを彩る美女サポーターたち♥

1/2ページ

最終更新:7/17(月) 15:00
SOCCER DIGEST Web