ここから本文です

好調スタジオポノック、スタジオジブリとの“まさか”の共通点とは?

7/17(月) 11:35配信

ザテレビジョン

米林宏昌監督による、スタジオポノック第1回長編映画作品「メアリと魔女の花」が公開されてから1週間余り。初週の興行収入ランキングでは惜しくも2位にとどまったものの、米林監督が古巣・スタジオジブリで最後に手掛けた「思い出のマーニー」(2014年公開、興収35.3億円)を超える好スタートを切っている。

【写真を見る】神木隆之介に“花さま”と呼ばれ、杉咲花は赤面!

7月8日に行われた初日舞台あいさつで、「一歩ずつ進んでいければと思いますので、 前作(「思い出のマーニー」)を超えていきたい」と宣言していた米林監督。早速、有言実行の兆しが見えているが、やはり重くのしかかるのは“スタジオジブリ作品との比較”だろう。

監督自身も「宮崎駿監督を乗り越えていかなければいけないと考えた」と語っており、今の状況を「ジブリという魔法が解けて」とも表現している。また、西村義明プロデューサーは本作を製作するに当たり「10kg痩せちゃったんです」と告白し、その過酷さを明かした。

そんな“ポスト・ジブリ”という重たい荷物を抱えての船出となったが、本作に携わったのは、西村プロデューサーいわく「8割がジブリ出身のスタッフ」。

確かに、作画監督の稲村武志氏をはじめ、クレジットに並ぶのはスタジオジブリで活躍していた面々ばかり。背景美術を担当しているスタジオ「でほぎゃらりー」は、スタジオジブリの手描き美術が失われることを危惧して設立された新しい背景美術スタジオで、ジブリ作品に幾度となく携わっている男鹿和雄氏、武重洋二氏がアドバイザーを務めている。

そして、スタジオポノックとスタジオジブリには、もう1つ意外な共通点がある。それは、スタジオの顔とも言うべき“スタジオ名”を、“読み間違っている”こと。

「ポノック(ponoc)」とはクロアチア語で深夜0時のことで、新たな一日の始まりという意味が込められている。だが、「ponoc」を正しくカタカナ読みすると「ポノーチ」なのだ。

実は、「ジブリ」の由来となった“サハラ砂漠に吹く熱風”を指すイタリア語「ghibli」も、原語の読みにより近い表記をすれば「ギブリ」。宮崎駿監督の思い違いから「ジブリ」となった経緯がある。これは単なる偶然なのか、それとも…。

本作の主人公・メアリの声を務めるのは、「思い出のマーニー」にも出演している杉咲花。初日舞台あいさつでは、米林監督、西村プロデューサーへ宛てた手紙を読み、監督の目に涙が光る一幕もあった。

感謝とエールが詰まった、杉咲からの手紙を紹介する。

■ 杉咲花からの手紙

米林監督、西村さんへ。

監督は取材やイベントの時に、“ジブリという魔法が解けて”と仰っていましたが、私はこの世界に、“スタジオポノック”という新たな魔法が誕生したと思っています。この作品が完成して初めて拝見した時に、ここに戻ってくれば、いつでも力をもらえるんじゃないかなと思いました。自分にとっての希望ができました。

だからこれからも何度も、この作品を見たいです。そんな作品を生み出す監督や西村さんは、魔法を持っているのではないかと思います。私自身は小さな力ではないですが、この作品に携わることができて幸せでした。ありがとうございました。

たくさんの方々が見てくださることを祈っています。

杉咲花

■ 本作の音楽担当・村松崇継氏に密着した特別番組も

本作には、スタジオジブリの元スタッフ以外にも、米林監督ゆかりの人物たちが多く参加している。その1人が、「思い出のマーニー」でも音楽を担当していた作曲家・村松崇継だ。

村松は8月9日(水)に、ビルボードライブ東京で「村松崇継 LIVE featuring the piece of 『メアリと魔女の花』」を開催することが決まっており、その模様は8月27日(日)夜9時30分より、WOWOWライブにて放送されることが決定。

「村松崇継ライブ&ドキュメント~新たな挑戦~」と称した番組の中で、村松のインタビューや、音楽制作の裏側を追ったドキュメンタリーを交えてオンエアされる。

最終更新:7/19(水) 20:50
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)