ここから本文です

大型補強のミラン、今度はラツィオ主将を22億円で獲得! 今季10人目の新戦力

7/17(月) 6:00配信

フットボールチャンネル

 ミランはラツィオMFルーカス・ビグリアの獲得を発表した。契約期間は2020年まで。移籍金は公表されていないが、伊メディア『プレミアム・スポルト』によるとミランはラツィオに対し1700万ユーロ(約22億円)を支払うと伝えている。

 31歳のビグリアは2013年からラツィオでプレーし昨季はキャプテンを務めるなど通算で133試合の出場で16得点16アシストを記録した。

 ちなみに、今回のビグリア獲得でミランは今夏10人目の新戦力の補強となった。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)