ここから本文です

レアルMFコバチッチに移籍の可能性浮上。スパーズやイタリア勢が関心か

7/17(月) 12:41配信

フットボールチャンネル

 レアル・マドリーのクロアチア代表MFマテオ・コバチッチにイングランドやイタリアの複数クラブが関心を示し、獲得への具体的なオファーも届いているようだ。16日付のスペイン紙『アス』が伝えている。

【動画】ベッカムVSシメオネ!サッカー史に残る因縁の真実とは?

 2015年にインテルからマドリーに加入したコバチッチは、2年目の昨シーズンには公式戦39試合に出場してタイトル獲得に貢献。だがベティスからU-21スペイン代表MFダニ・セバージョスが加入したことにより、その立場は不確かなものになるとみられている。

 現時点では、ジネディーヌ・ジダン監督のシステムの中盤3人の枠を、7人の選手が争う状況となっている。コバチッチはセバージョスのほかカゼミーロ、マルコス・ジョレンテ、トニ・クロース、イスコ、ルカ・モドリッチとの競争を制して出場機会を得なければならない。

 そのコバチッチに対し、すでにトッテナムからは最初のオファーが届いたという。だが移籍金2500万ユーロ(約32億3000万円)の提示をマドリーは断ったとのことだ。他に古巣のインテルや、ミラン、ナポリなどもコバチッチに関心を示しているという。

 だがコバチッチ自身はマドリーでプレーを続けることを望んでおり、マドリーとしても必ずしも放出を考えているわけではないようだ。好条件のオファーが届いた場合のみ検討の余地があるとの見方が伝えられている。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)