ここから本文です

畑岡奈紗、米ツアー1年目の支え。「藍さんと一緒にプレーできる」

7/17(月) 8:01配信

Number Web

 迷彩柄のカバーは、ずいぶん年季の入ったものになった。

 昨年秋の日本女子オープン。畑岡奈紗は開幕前の会場で、ある先輩プロの関係者からコースメモを覆うビニール製のホルダーをもらった。

 その数日後、無我夢中でつかんだ国内女子最高のタイトル。

 アマチュアでのツアー優勝は1973年の清元登子、2003年の宮里藍、'12年のキム・ヒョージュ、'14年の勝みなみに続く史上5人目。国内メジャー大会を制した史上初のアマチュア選手となった。

 快挙から9カ月あまり。畑岡の手には当時と同じメモカバーが握られている。新品だったそれは今、少し日焼けして、細かい折り目が何重にも入った。まるでこの間の苦労が刻まれているようでもあった。

 日本女子オープン優勝後、プロ転向した畑岡はその年末に米ツアーの予選会を通過し、海を渡った。プロ1年生は18歳の誕生日を経てルーキーイヤーを米国で迎えた。

憧れの米国1年目、来季シード権が危うい状況に。

 昔から憧れた舞台で、いま彼女の目の前にある現実は厳しい。

 年を折り返す前に14試合に出て予選通過は4回。賞金ランキングは140位を下回り、来季のシード権確保が危うい状況にいる。

 「やろうとしていることができなくて、打ち砕かれている感じです」

 6月の終わり。158cmの身体は、徒労感に満ちているように見えた。

 畑岡はアマ時代、ショットに定評がある選手として名高かった。ドライバーの飛距離は250ydを超える。米国で他選手と比較しても「自分の飛距離は戦えないほどではないと思っています」という実感がある。

 ただ「それ以上に精度が大事だと思っていた」積極的にピンを攻める持ち味がどうも発揮できない。「うまく噛み合わない」と自信を失いそうな時間を過ごしている。

一度の苦い失敗が、10代の心をかき乱した。

 予兆はあった。

 畑岡はターニングポイントに、3月のカリフォルニア州でのキアクラシックを挙げる。

 予選を通過して3日目を68で回ると16位に浮上。しかし「調子は悪くなかったんです。でも、急にところどころでアプローチがおかしくなって、シャンクみたいな当たりが多く出た。私はもともと、(フェースの)ヒール寄りにボールが当たるタイプなんですけど、それが……」と密かな不信感が生まれた。

 この試合は翌月のメジャー・ANAインスピレーション出場をかけた大事な試合だった。そして最終日、78をたたいて59位で終了。関係者の試算では、最終18番をパーで上がれば賞金ランクの資格でメジャー出場を決められたが、締めくくりはトリプルボギーだった。

 一度の苦い失敗は、10代の心をその後もかき乱した。

 「シャンクが出ることは減って、だいぶ良くなってきたんですけど、今度はアプローチをしたくない、ショットでミスをしないように、という気持ちが強くなってきた。そこから自分のゴルフを立て直すのが難しくなってきたんです」

 若々しい、良い意味での血気盛んな思い切りは失われ、長いショットにも陰りが出た。

1/3ページ

最終更新:7/17(月) 8:01
Number Web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sports Graphic Number

文藝春秋

932号
7月27日発売

特別定価600円(税込)

不屈の虎。

【闘将インタビュー】金本知憲「若虎の成長がうれしい」
【主力選手の覚悟】福留孝介/鳥谷敬/メッセンジャー