ここから本文です

かつ丼のみで勝負する専門店の一杯は、卵でとじない不思議なかつ丼

7/17(月) 5:20配信

東京カレンダー

暑い日が続きますから、しっかりスタミナつけないと!で、ランチはガッツリいきたいところですが、そんなパワーランチの代表格が、かつ丼。みなさん、好きですよね!

【この記事の全ての写真】

そこでご紹介したいのが、こちらの『瑞兆(ずいちょう)』のかつ丼。渋谷駅からだと約15分は歩かなくてはならないのは玉にキズだが、エクササイズだと思えば問題ないかと。

卵でとじないから、かつはサクサクのまま!なのが新しい

ここのメニューは「かつ丼¥1,000」、「ビール¥500」のみ。潔い。こういう「のみ」の店に高揚感を感じるのは、筆者だけでしょうか?かつ丼だけで勝負する、その気概が頼もしい!

そして、このかつ丼の最大の特徴は、卵でとじないこと。ご飯の上に半熟の薄焼き玉子が乗り、その上にタレのかかったとんかつが乗る。

タレは、ちょっと甘めの醤油ダレ。卵でとじないので、とんかつ自体がパリッとしていて、半熟の薄焼き玉子と絡めて食せば、口いっぱいに旨みが広がる。

何でもかんでも卵でとじてしまう、昨今の丼事情へのアンチテーゼ!

ちなみに、こちらはご飯の大盛りも無料。写真は普通盛りですが、大盛りにするとフタがしまらないほどのボリュームに!ワンパクな東京GENTSにもってこいなんです。

おしんこ、そしてお椀もついて、¥1,000は納得できる。いや、通いたくなるかつ丼なのです。

「かつどん屋」の看板にプライドを感じる!和風な引き戸を引くとカウンター8席。決して広いわけではないが、清潔感があり、店主の対応も丁寧で好感が持てます。

ふと、あっさりしたかつ丼が食べたくなったら、、、渋谷の『瑞兆』がオススメ!

東京カレンダー株式会社

最終更新:7/17(月) 5:20
東京カレンダー

記事提供社からのご案内(外部サイト)