ここから本文です

陰る政権と日本株 浮揚させるのはAI戦略(藤田勉)

7/18(火) 7:47配信

NIKKEI STYLE

 東京都議選での自民党の惨敗や内閣支持率の急落など、安倍晋三政権が困難に直面している。政権に陰りが見られることは、常識的には株価にとってマイナス要因だ。しかし、長期的にはプラス要因になることもあり得る。それは政権が危機感をバネに「経済第一」に回帰し、成長戦略を実行できるかにかかっている。
 「政界は、一寸先は闇」という格言がある。過去、圧倒的に高い支持率を誇った政権でも、いったん支持率が大きく下がると元に戻らず、政権は長続きしないことが多い。例として、細川護熙、橋本龍太郎、鳩山由紀夫の各政権、そして第1次安倍政権がある。過去の例にならうと、今回の第2次安倍政権も厳しいと考えられる。

■支持率回復のカギは「経済第一」への回帰

 ところが、急落した支持率を大きく回復させた首相が1人だけいる。それは小泉純一郎氏である。2002年1月に、小泉首相は田中真紀子外相を更迭した。その結果、内閣支持率は79%から6月には39%に急落した(NHK調査)。しかし、9月に北朝鮮訪問を実現し、11月には支持率は68%まで戻った。つまり、歴史の教訓からは、安倍政権はサプライズを起こせるかが、長期政権持続のカギになると考えられる。
 それでは、安倍政権が起こしうるサプライズとは何か。北方領土交渉解決や北朝鮮拉致問題進展などが考えられるが、相手のあることであり、これらの実現のハードルは極めて高い。
 筆者は、安倍政権の内閣支持率の回復の王道は、政治的に大きなエネルギーを必要とする憲法改正をあきらめ、再度、「経済第一」に回帰することであると考える。12年の第2次安倍政権発足後、日経平均株価は8000円台から2万円台まで上昇したが、アベノミクスというサプライズが株価上昇の主因の一つであったことは間違いない。
 もともと第2次安倍政権は「経済第一」を貫いてきた。しかし、突如として20年憲法改正を打ち出し、政策の第一目標は事実上、経済ではなくなった。支持率急落に直面した安倍政権は原点に回帰するしかないだろう。
■内閣改造で大物を起用できるか
 まず、注目されるのは内閣改造である。あくまで例えにすぎないが、竹中平蔵氏ら経済政策で実績を持つ大物を起用することが期待される。特に、安倍政権では小泉政権時代に重要性の高かった経済財政諮問会議はすっかり影が薄い。首相直轄の組織である経済財政諮問会議を活性化し、大物による強いリーダーシップでマクロ経済運営の長期的な戦略を明示することが重要である。
 問題は経済を本格的に回復させることができるような政策はあるのか、ということである。これまでアベノミクスの中核であった日銀の金融緩和は限界が見えている。「黒田バズーカ」開始後、4年以上経過したが、インフレ率はゼロ%前後で推移し、目標の2%には遠く及ばない。財政政策については、消費税増税を延期しているだけに財政赤字を大きく増加させて景気を刺激することはできまい。

1/2ページ

最終更新:7/18(火) 7:47
NIKKEI STYLE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフスタイルに知的な刺激を。
生活情報から仕事、家計管理まで幅広く掲載
トレンド情報や役立つノウハウも提供します
幅広い読者の知的関心にこたえます。