ここから本文です

蓮佛美沙子「逃げたら駄目だと思って…」 苦手意識があった吹き替えに初挑戦

7/18(火) 17:58配信

エンタメOVO

 海外ドラマ「女王ヴィクトリア 愛に生きる」の試写会が18日、東京都内で行われ、日本語吹き替えを務めた女優の蓮佛美沙子が登壇した。

 本作は、大英帝国が栄華を極めた時代に、63年にわたって君臨したビクトリア女王の孤独と愛を描いた歴史ドラマ。

 吹き替え初挑戦の蓮佛は「声だけの表現というのにもともと苦手意識があったので、最初お話を頂いた時はできるかな…と迷いがあったけど、ここで逃げたら駄目だと自分を奮い立たせ、覚悟を持って演じました」と語った。

 収録に当たっては苦労もあったようだが「勉強になることだらけだった」といい、収録を終えた今は「ビクトリアを生き抜けたなという実感がある。一つの表現のツールとして声ってすごく幅があるんだなという発見があった」と手応えがあったことを語った。

 蓮佛は、難しかった点を問われると「簡単に言うと全て。どこから手を付けたらいいのか最初は分からなくて、10年近くこの仕事をしているけど、今までで一番難しい仕事だった」と応えて苦笑いを浮かべた。

 収録の約1週間前から「家に毎日引き込もって練習した」そうで「やはり、女優さんの表情と吹き替えが一致していないと、皆さん(物語に)入り込めない。そこを一致させるために、テレビの前に携帯を置いて、ワンシーンごとに自分の声を撮っては(女優の表情と比べて)見てと確認する作業を繰り返しました」と明かした。

 ビクトリアの印象については「すごく魅力的な女性。我の強さが、逆にもろさにも感じられた」とコメント。

 「18歳の女の子が『今日からあなたが女王です』と言われても、普通だったら受け入れられない。知らない大人の前であいさつしたり、最初は声も小さくて震えるけど、それでも自分の力でやり遂げる意志の強さがある。女王になるべくして、なった女性だと思う」と語り、「共感したというよりも尊敬。この人みたいに強くなれたらカッコいいなという憧れの意識が強かった」と収録中の心境を振り返った。

 ドラマはNHK総合で30日午後11時から毎週日曜日に放送。

最終更新:7/18(火) 17:58
エンタメOVO

記事提供社からのご案内(外部サイト)

エンタメOVO

(株)共同通信社

エンタメ界で活躍する旬のスターが続々登場。
読み応えのある記事&すてきな写真が満載!
今の時代にぴったりのエンタメサイト!