ここから本文です

i☆Ris結成5周年記念Liveは会場のファンから「ハッピーバースデー」の大合唱

7/18(火) 12:02配信

otoCoto

17日(月・祝)、山北早紀、芹澤優、茜屋日海夏、若井友希、久保田未夢、澁谷梓希による声優アイドルユニット「i☆Ris(アイリス)」が東京・かつしかシンフォニーヒルズ モーツァルトホールで結成5周年を記念したライブ「i☆Ris結成5周年記念Live~5 years old! Everyone comes together☆~」(昼の部/夜の部の2公演)を開催した。

18時、満員のファンが待つ中、夜の部がスタート。
公演は2部構成になっており、前半は「i☆Ris真夏の大運動会!!」と題して、6人が4つの種目で競う内容になっていた。昼の部は個人戦だったが、夜の部は二つのチームに別れての団体戦。
チーム澁茜山(澁谷、茜屋、山北)とチームWAKAI(芹澤、若井、久保田)が、お盆のボールを頭の上に乗せて走る「バランスリレー」、その名の通り、跳んだ回数を競う「大なわとび」、瞬発力も必要な「勝ち抜き尻相撲」、そして最後は体力ではなく頭脳と記憶力が勝負の決め手となる「i☆Risクイズ」。イントロ当てクイズや相手メンバーの名前を漢字で書くなど、自分たちに関する問題ばかりだったが意外と苦戦する場面も多かった。3種目目まではチーム澁茜山が15対0でリードしていたが、なんと最後の種目でチームWAKAIが大逆転。最終結果はチーム澁茜山が22ポイント、チームWAKAIが25ポイントとなり、勝ったチームに商品券3万円の目録が贈られた。握手を求められたが、負けたチームの山北が「握手はいいから(商品券を)6人で割ろう(泣)」と悔しそうな表情を見せていた。

休憩を挟んで、後半はアイドルモード全開のライブ。
カラフルなライティングで演出された1曲目の「§Rainbow」から会場も一気に盛り上がり、メンバーの「せーの!」の掛け声に「We are i☆Ris!」とファンも熱いコールで応える。その勢いで「徒太陽」を畳み掛ける。「運動とは言えないけど、色々戦っていたのを見て、みんなも疼いている頃だと思うので、ここから盛り上がっていきましょう!」とリーダーの山北が呼びかけ、赤い傘を使った「YuRuYuRuハッピーデイズ」を披露。その次に聴かせてくれた「真夏の花火と秘密基地」は去年の8月にリリースしたシングル「Re:Call」のカップリング曲で、ライブで披露するのはこの日が初めてというレアな曲。さらにライブで歌うのは久しぶりとなる「ユメノツバサ」でファンを喜ばせてくれた。

1/2ページ

最終更新:7/18(火) 12:02
otoCoto