ここから本文です

私はどうやって人生で最悪の時期を乗り越えたのか

7/18(火) 9:10配信

ライフハッカー[日本版]

Inc.:人生は紆余曲折の連続です。そして、ときには紆余曲折の末に喜ばしくない場所に導かれてしまうこともあります。

【画像】私はどうやって人生で最悪の時期を乗り越えたのか

私は人生で、これ以上ないくらい最悪だという時期を二度経験しています。1つは事故に遭い、歩けないほどの重症を負ったこと。もう1つは、とてもうまくいっていた事業を、Amazonによって閉鎖されてしまったことです。

どちらの出来事でも、私は精神的、肉体的に追い込まれ、人生でも最悪の時期を過ごすことになりました。ありがたいことに、私はモチベーションを保ち続けることができ、どん底から這い上がることができました。現在、私は家庭を持ち、新しいビジネスもとてもうまくいっています。

簡単なことではありませんでしたが、私は以下の戦術に従うことで、前進することができたのです。

問題を抱えていることを否定しない

あなたはいつか、心が壊れてしまうような体験をすることになるかもしれません。ビジネスがうまくいかなくなるかもしれません。長い人生のなかでは、そうしたことが必ず一度はあるものです。心の痛みを否定せず、現実を受け入れてください。早く受け入れることができれるほど、早くそこから抜け出すことができます。

Organize.comを閉鎖しなければならなくなったとき、私は完全に打ちのめされてしまいました。結婚したばかりで、何人かの優秀な従業員を解雇しなければなりませんでした。現実を受け入れ、わずか6週間で100万ドル以上を失ったことを認める必要がありました。それは間違いなく人生で最悪の瞬間でした。

怒りや悲しみ、嘆くかわりに、私は心の痛みを受け入れ、「慰め会」をする1日をつくりました。また、引きこもって自分を哀れんでばかりいるのをやめて、妻とディズニーランドへ出かけました。また、何年か経った後は、Organize.comの失敗について公に話すようにしました。今でも、そうすることで、胸が少し軽くなる気がします。

自分が失敗したことを受け入れることで、前を向けるようになりました。苦痛を否定するかわりに、なぜビジネスが失敗したのかを反省し、その学びを次のビジネスに生かそうと考えることで、苦痛に対処することできたのです。

1/4ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

ガジェットなどを駆使し、スマートに楽しむ仕事術「Lifehack」。「ライフハッカー[日本版]」では、その言葉を広義に捉え、生活全般に役立つライフハック情報を日々お届けします。