ここから本文です

自宅でアウトドア気分!イケア・ジャパンが提案する「バルコニスト」のススメ

7/18(火) 7:10配信

@DIME

◆家庭でアウトドア気分を味わうバルコニストとは

夏場はアウトドアに関心が高まる時期だが、最近では「バルコニスト」「ベランピング」「フレンチBBQ」など、ベランダ、バルコニー、庭など、家庭でアウトドア気分が味わえるスタイルが注目されている。

イケア・ジャパンでは今年3月~4月に、ベランダ/バルコニーに関する意識調査を行い、ベランダ/バルコニーの使い方として84.8%が「洗濯ものを干す」ことに使用しており、現状、置いてあるものとして物干しや洗濯道具が90.8%に上った。しかしシニア層ではガーデニングや、景色、風景を楽しむ場として活用しており、今後ベランダ/バルコニーに置きたいものとして、花や植物が42.1%、ガーデンテーブル、チェアが41.9%に。

ファミリー層では42.1%がベランダ/バルコニーで過ごす時間が、親子関係の充実につながると回答した。調査結果から、ベランダ/バルコニーをもっと楽しみたいと思いながら、「狭さ」と「快適さ」がベランダ/バルコニーを楽しむ課題になっていることがわかった。

また、プレミアムフライデー開始前の2月にキリン食生活文化研究所が行った「自由時間に関する過ごし方」では、プレミアムフライデーにしたいこととして、3位に「自宅で普段よりちょっと贅沢な食事をする(食材、惣菜、酒など)」が挙がり、平日の帰宅後にお酒を飲むのとは違った、自分の時間を充実させるためのお酒の飲み方が重要視されていることがわかった。また、「一緒に過ごしたい相手は?」の質問には、男女、世代問わず7割以上の人が「家族」と回答。しかし、実際に休日にしたことと、したいことには乖離があり、自宅にいながらちょっとしたハレの気分を味わうプチ贅沢が、なかなか実現できない現実も浮かび上がった。

こうした現状を踏まえて、イケア・ジャパンでは“1畳あれば、バルコニーは楽しめる。”キャンペーンを展開。バルコニーで家飲みを楽しむ夏として、キリン・メルシャンとイケア・ジャパンによる「バルコニーでノミモノを」のイベントが開催された。

「バルコニーでゆっくりとした時間を過ごしながら、素敵なドリンクを楽しむ、バルコニーのソリューションを提案している。弊社で行った調査からバルコニーは狭いと感じている方が非常に多い一方で、もっと使いたいと思っている方も多く、狭いスペースだが有効活用できていないと感じている方が多数いることが判明。特に都心部の場合、バルコニーは非常に狭いスペースなので、狭くてもバルコニーを有効活用できれば、もっと素敵な暮らしができるのではないかと思っている人は多い。 

洗濯物を干すという使い方が一番多いが、洗濯ものを干していないときにそのスペースを活用することを提案したい。バルコニーは思った以上に、簡単にホームファニッシングできる。たいていのバルコニーは床がコンクリートや、シンプルな床材が多いので、ワンタッチで付けていただけるウッドデッキを活用して、簡単なテーブルセットを置くだけ素敵なバルコニーができる。今回セットした樹木、プランツはすべてアーティフィシャル(造花)。丈夫で屋外に置いても大丈夫な作りなので、植物は手入れが大変という方にもおすすめできる」(イケア・ジャパン エクスターナルマーケティングマネジャー 竹川 倫恵子さん)

イベントで使ったのが「エップラロー テーブル+折りたたみチェア2脚 屋外用」(税込以下同・ 1万7990円)で、ドロップリーフが2枚付いていて、人数に合わせてテーブルのサイズを変えることができる。使わないときはコンパクトにたためるので、バルコニーの隅に置いておけば収納も楽。

会場はウッドデッキだったため今回は使用していないが、竹川さんの話にあったように、コンクリート床だったら「RUNNENフロアデッキ 屋外用」(3,085円/m2)など屋外用フローリングを敷き詰めれば、ベランダ/バルコニーが簡単に変身する。またスペースに余裕があれば、「エップラロー サンベッド」(1万4990円)で、夕涼みや読書などリラックスタイムにも。

◆ベランピングやフレンチBBQを演出するドリンクにもこだわりを

バルコニーでアウトドアを楽しむお酒として相性がいいのがスパークリングワイン。夕涼みにはよく冷やしたスパークリングワイン(画像は「コンチャ・イ・トロ サンライズ スパークリング 白・ロゼ」)でのんびりと。

さらにスパークリングワインやワインを使ったSNS映えするアレンジも。好みのアイスバーをグラスに入れてワインを注ぐだけでも華やかな雰囲気になり、凍らせたフルーツ(市販のフローズンフルーツでOK)を白ワインやスパークリングワインに入れると色鮮やかでフォトジェニックなドリンクに変身する。

夏はビール!という人には、趣向を変えて「ブルックリン ラガー」のようなびんタイプ、自宅で手軽に生ビールを味わえる「キリン ホームタップ」などでハレな気分を味わってみるのもオツ。

【AJの読み】夜でも蒸し暑い地域では秋のベランピングがおすすめ

自宅にはウッドデッキがあり、バルコニスト、ベランピングには憧れるが、東京の夜は蒸し暑くとても夕涼みできる環境ではないのが辛いところ。逆に自宅ならいつでもできるという強みがあるので、夏が過ぎ、寒くなる前の初秋などがおすすめではないか。ただし、ベランダが隣接しているマンションや、都市圏などの場合、戸建てでも隣家との距離が近いことが多いので、近所迷惑にならないような節度ある楽しみ方が必要だ。

文/阿部 純子

@DIME編集部

最終更新:7/18(火) 7:10
@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2017年11月号
9月16日発売

定価600円

RIZAPの真実。
2018年最新手帳 格付けレビュー
スーパー中学生のつくりかた