ここから本文です

女性向けなら「小さめでピンク」という時代は終わった

7/18(火) 12:30配信

WIRED.jp

「男性用を小さくしてピンクにすれば、女性用が完成する」──。長年続いたそんな単純なギアづくりに、やっと異議が唱えられるようになった。“女性用”アウトドア製品は、本当の意味で“女性のための”製品に生まれ変わろうとしている。

「スカートを履かない」女性用ピクトグラム

-----

アウトドア業界が女性向けの製品を企画する際に、「サイズを小さくしてピンクに」し始めるかなり前から、スーザン・ヴィスコンは女性用の製品には問題があることに気づいていた。ヴィスコンはアウトドア用品チェーンREIのマーチャンダイジング担当上席副社長である。

REIに勤めて20年になるというヴィスコンは、こう語る。「勤め始めたころ、ゴアテックス製のユニセックスのジャケットを買ったのを覚えています。まるでゴミ袋を着ているみたいな気分になりました」

この経験からヴィスコンは、アウトドアウェアやリュック、寝袋、ハイキングブーツなどの女性向け製品を改良すべく、20年にわたる探求を始めた。REIだけでなく、業界で数少なかった先見の明をもつ人々のおかげで、最近の女性向けリュックは解剖学的によくフィットするようヒップベルトを備えるようになった。また女性向けの寝袋は、適切な場所に断熱材が加えられている。業界標準である男性用の構造ではなく、ゼロから女性向けにデザインされたハイキングブーツだってある。

2017年5月、REIは「Force of Nature」という女性に焦点を当てたキャンペーンを立ち上げた。このキャンペーンは、業界の変化とぴったり適合した。ちょうど同じ月、アウトドア専門誌『Outside』は表紙で「冒険の未来は女性にあり」と宣言したのだ。

男性用に比べると遅れている女性用アウトドア装備は、いまようやく男性用に追いついてきたばかりだ。

難しい「プロの女性用」ギアづくり

何十年もの間、女性用アウトドア製品は機能よりも外見重視だった。1980年代半ばにウィンタースポーツ用品メーカーのK2が売り出したスキー板を例に挙げよう。女性用スキー板は軽くて柔軟だったが、機能性よりも美しい見た目を提供するものだった。

エクストリームスキーの世界チャンピオンで、K2のテクニカル・アドバイザーでもあるキム・ライクヘルドは「あのスキー板はお話になりませんでしたね」と話す。「初級者には好まれましたが、実用に耐えなかったのですぐに使われなくなりました」

これはよく聞く意見だ。メーカーは初心者向け製品をつくるにはかなり優秀だが、プロの女性用ギアのデザインとなると途端に質が落ちる。たとえば、K2のスキー板は初心者向けに設計されており、プロが急勾配や深淵を含む山岳地帯といったあらゆる状況に対応して滑るには脆弱すぎる。一方、男性用は多くの場合は堅く長すぎるため、小柄な女性プロスキーヤーには扱いづらかった。

このギャップを埋める努力として、K2は90年代後半に、ライクヘルドをはじめさまざまな女性スキーヤーを中心メンバーとする「Women’s Alliance」を結成した。このチームは製品を女性が使いやすいように細かく調整するため、容赦ないブラインドテストを行う。今秋、同社のラインナップには17種類の女性専用スキー板が加わる予定だ。

Women’s Allianceがデザインする製品ラインのほとんどは、絶え間なく進化している。ちなみに偶然だが、Women’s Allianceには男性の試験者もいる。「もしわたしたちのスキー板をすごいと言う男性がいれば、女性の上級スキーヤーも好きになると確信をもって言えます」と、ライクヘルドは言う。

女性用スキーメーカーCoalition Snowの共同創設者、ジェン・グレツキはさらに一歩先を行っている。

「最初から最後まで女性のための製品はどこにあるのでしょう? わたしたちは男性用のスキー板を改造するのではなく、女性の強みを生かしたデザインを一から生み出しました。どちらのプロセスが良いか悪いかという話ではなく、ただ異なるプロセスを踏んだというだけなのです」

グレツキのお薦めは、「SOS ALL MOUNTAIN SKI」だ。長さ157センチから180センチ(女性用でこれだけ幅広いサイズを取りそろえているのは珍しい)で、ウッドコア製のスキー板だ。173センチの長さでは、センター幅が105ミリである。

「これは女性が非常に格好よく滑るためにつくられたスキー板ではありません。女性がしっかりと自信をもって滑るためにつくられた板なのです」と、グレツキは言う。

1/2ページ

最終更新:7/18(火) 12:30
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.29』

コンデナスト・ジャパン

2017年9月11日発売

630円(税込み)

『WIRED』VOL.29は1冊まるごとアフリカ大特集!「African freestyle ワイアード、アフリカにいく」南アフリカ、ルワンダ、ケニア etc

Yahoo!ニュースからのお知らせ