ここから本文です

極秘挙式を行ったミランダ・カーのウエディングドレスがついに公開!

7/18(火) 20:30配信

ハーパーズ バザー・オンライン

5月27日(現地時間)に結婚したミランダ・カーと「スナップチャット」のCEOエヴァン・スピーゲル。これまで公表していなかった、ミランダのウエディングドレスの詳細がついに明らかとなった。
ミランダがチョイスしたのは、ディオール初の女性アーティスティック・ディレクター、マリア・グラツィア・キウリが手がけたオートクチュールドレス。ミランダとマリアは、ドレスの打ち合わせが初めての対面だったそう。デザインに大満足のミランダは、自身のインスタグラムにマリアとのツーショットをアップし、「理想のウエディングドレスを叶えてくれてありがとう!」と感謝のメッセージを添えた。

【写真】ミランダ・カーがチョイスしたウエディングドレスとは?極秘挙式の様子もチェック!

だがこのドレス、どこかで見覚えがあると思う人もいるだろう。そう、1957年にモナコ大公のレーニエ3世と結婚したグレース・ケリーの、あのウエディングドレスにそっくりなのだ。しかもシルエットや素材にこだわったシンプルなデザインだけでなく、くるみボタンなどのクラシカルなディテール、ジュリエットキャップにロングベールといったアクセサリーまで似ている。違いをいうならば、グレースのドレスはスタンドカラーにレースの素材感を生かしたスタイルだったのに対し、ミランダのドレスはシンプルなクルーネックや存在感のあるシルク素材、トレーンに花の装飾を散りばめてよりモダンに仕上げているところ。

式は2人が住んでいるロサンゼルスの自宅で行われ、招待客は家族や親しい友人45名ほどだったという。ナチュラルなカラーや透け感のある素材、少し短めのトレーン、リラックス感のある軽やかなウエディングドレスの方が西海岸の景色にも映えそうだが、あえて伝統的なウエディングを思わせる上品なスタイルを選んだミランダ。
現在2人の結婚式の写真が見られるのは、ミランダのインスタグラムだけ。他にもディオールのブラックスーツを着たエヴァンとのツーショットや、式の様子も投稿されているので、ぜひチェックしてみて。

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ハーパーズ バザー

ハースト婦人画報社

2017年11月号
2017年9月20日発売

定価:700円

1867年にNYで誕生した世界初の女性
ファッション誌『ハーパーズ バザー』。
厳選された情報を美しいビジュアルと
ともに発信しています。