ここから本文です

中垣内監督も「石川さまさま」と絶賛。男子バレーが全勝で世界選手権へ

7/18(火) 18:01配信

webスポルティーバ

 7月12日から16日まで、オーストラリアの首都キャンベラで開催された世界選手権アジア予選。バレーボール全日本男子は4戦全勝でグループBの首位となり、2018年に行なわれる世界選手権への切符を手にした。この春から指揮を執る中垣内祐一監督が「今季でもっともプライオリティが高い」と述べていたように、結果次第では自らの去就にも影響しただろう大会で、見事に目標を達成した。

【写真】男子バレーを盛り上げた『NEXT4』石川祐希。

 終わってみれば、あらためて石川祐希のすごさを見せつけられた大会だった。

 日本が3連勝で迎えた4日目の第1試合で、タイが台湾相手に1セットでも取れば、日本は最後のオーストラリア戦を待たずに出場権獲得(グループ2位以上)が決まるはずだった。しかし、2位以上に入る可能性を残していた台湾は高いモチベーションを保ち、3-0のストレートでタイに勝利したことで決定は持ち越しとなる。

 それでも、続く試合で日本が1セットを取った時点で出場権が獲得できる状況だったが、オーストラリアは今年6月のワールドリーグでも1勝1敗と実力拮抗している相手。選手たちにも緊張による硬さが見られ、第1セット中盤まで2点を追いかける展開となった。

 そんな重苦しい流れを変えたのが石川だった。スパイクでサイドアウトを取り、10-11にしたところで石川がそのままサーブに入る。久しぶりに見せた強いジャンプサーブで相手レシーブを崩し、ダイレクトで返ってきたボールを処理して同点。続くサーブでも相手を崩して連続得点につなげて逆転すると、リードを維持したまま25-22で第1セットを奪い、日本の世界選手権出場が決まった。

 その後、試合はフルセットまでもつれたが、石川の勝利に対する執念が衰えることはなかった。強打だけでなく、相手のコートをよく見てフェイントを落としたり、走り込んできてトスを上げたりと縦横無尽の大活躍。時には、セッターの藤井直伸がレシーブしたボールを2本目で相手コートにたたき込むという離れ業も見せ、この日だけで32点を稼いだ。スパイク26、ブロック2、サービスエース4と、両チーム合わせて断トツのベストスコアラーだ。

 中垣内監督も、「今日はとにもかくにも石川の調子がよくて、久しぶりに”らしい”プレーが随所に見られた。今シーズンで初めて思い切ったサーブが打てていたし、サーブレシーブも頑張っていた。”石川さまさま”だった」と手放しで賞賛した。

1/3ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

Sportivaムック
4月13日発売

定価 本体1,472円+税

フィギュア特集
『羽生結弦 平昌への道』
■ヘルシンキの激闘
■宇野昌磨、本田真凜ほか