ここから本文です

「36協定」の20代の認知率は半数以下!働く人の残業時間は月平均22.5時間

7/18(火) 12:11配信

@DIME

労働基準法第32条、第35条では労働時間・休日について、1日8時間、1週40時間、および週1回の休日を定めている。一方、第36条では「労使協定をし、行政官庁に届け出た場合においては、(32条、35条の規定にかかわらず)、その協定に定めるところによって労働時間を延長し、または休日に労働させることができる」として、残業や休日労働を行なう手続を定めている。この協定を第36条に由来して、「36(サブロク)協定」と呼ぶ。

残業が最も多いのは何曜日?

労働時間に対する社会的関心が高まる中、日本労働組合総連合会は、この「36協定」を周知する活動を行っている。今回、その一環として時間外労働の実態や36協定の締結状況、認知状況を把握するため、「36協定に関する調査」をインターネットリサーチにより実施した。

最初に残業を命じられることがあるか、ないかを聞き、残業を命じられることがある人には1か月の残業時間を聞いた。 まず、残業を命じられることがあるか、ないかをみると、「残業を命じられることがある」が62.5%、「残業を命じられることはない」が37.5%となった。

男女別にみると、「残業を命じられることがある」は、男性68.2%、女性54.7%と、男性のほうが13.5 ポイント高い。また、性年代別にみると、「残業を命じられることがある」は、男性では、若い年代ほど高く、20代男性は80.6%、30代男性は78.1%と、20代男性、30代男性では8割前後に達した。女性でも若い年代に高い傾向がみられ、20代女性では59.6%、30代女性では64.8%だった。

次に、残業を命じられることがある人(625 名)の1か月の残業時間をみると、「10時間未満」が40.2%で最多回答になったが、「60時間以上」といった特に長い時間の回答も6.9%みられ、平均残業時間は22.5時間だった。男女別に平均残業時間をみると、男性では26.2時間、女性では16.3時間。 また、性年代別に平均残業時間をみると、男性では、20代が23.7時間、30代が26.2時間、40代が28.4時間と40代までは年代が上がるほど長くなる傾向がみられる。一方、女性では、年代が上がるほど短くなる傾向がみられ、20代が22.4 時間、30代17.1 時間、40代14.1時間、50代11.9時間だった。そして、業種別に平均残業時間をみると、運輸業(33.6時間)が最も長く、次いで、金融・保険業(27.4時間)、サービス業(25.5時間)、建設業(25.0時間)、製造業(23.8時間)の順で続く。

それでは、残業を減らすための取り組みは、行なわれているのか。 全回答者(1000 名)に、勤め先では、残業時間を減らすために、どのような取り組みが行われているか聞いたところ、「ノー残業デーの導入」が30.5%で最も多く、「残業の事前申請制度の導入」が15.4%、「上司からの声かけ」が13.5%で続いた。また、「何も行なわれていない」は46.6%だった。 業種別にみると、「何も行なわれていない」が高かったのは、サービス業と卸売・小売業、医療・福祉で、サービス業では59.4%、卸売・小売業と医療・福祉ではそれぞれ57.0%。他方、「何も行なわれていない」が比較的低くなったのは公務と金融・保険業で、公務では22.8%、金融・保険業では35.6%だった。

全回答者(1000名)に、会社が残業を命じるには、労働者の過半数を組織する労働組合(ない場合は、過半数を代表する者)との間で労使協定(いわゆる36協定)を結んでおく必要があることを知っているか、知らないか聞いたところ、「知っている」が56.5%、「知らない」が43.5%だった。会社が残業を命じるためには36協定の締結が必要であることを知っていたという人の割合は2014年調査時の39.4%から上がったものの、いまだ4割以上の人には認知されていないことが判明。男女別にみると、「知っている」は男性では62.8%と6割を超えましたが、女性では47.9%と半数を下回る結果となった。また、年代別にみると、20代では「知っている」が49.2%と僅かに半数を下回った一方、60代では71.6%と7割を超えた。

■調査概要
調査タイトル/36協定に関する調査2017
調査対象/ネットエイジアリサーチのモニター会員を母集団とする20歳~65歳で働いている人(自営業・自由業、パート・アルバイト除く)
調査期間/2017年6月6日~6月8日
調査方法/インターネット調査
調査地域/全国
有効回答数/1000サンプル 内訳:男性576s(20代98s/30代137s/40代162s/50代128s/60代51s) 女性424s(20代89s/30代88s/40代123s/50代94s/60代30s)
実施機関/ネットエイジア

文/編集部

@DIME編集部

最終更新:7/18(火) 12:11
@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2017年10月号
8月16日発売

定価600円

売り切れ御免!調理家電&ヒット食品
ふるさと納税 極ウマ返礼品・ベスト47
ホリエモン流 超仕事術公開
タイプ別 痩せるカラダマネジメント