ここから本文です

貯蓄率全国上位の岐阜県民、結婚相手も見た目より金銭感覚を重視!?

7/18(火) 18:31配信

@DIME

岐阜県は南部の美濃エリア、北部の飛騨エリアに分かれており、明治期の廃藩置県後も当初は別の県だったこともあってか、同じ岐阜県内でも美濃と飛騨では地形も文化も異なり、そこに暮らす人々の気質にも違いがあると言われている。

出会いから1か月以内に付き合う確率、文化系は2割、体育会系は?

そこで婚活支援サービスを展開するパートナーエージェントは、25~44歳で岐阜県に住んでいる独身の男女に対して「婚活・交際・結婚についての価値観」に関するアンケート調査を実施。それぞれの結婚観・婚活事情に関する意識を探った。

まずは、岐阜県在住の25~44歳独身男女が「結婚相手に対して重要視すること」について調査し、美濃エリア、飛騨エリア、岐阜全体と東京のデータを比較した。

第1位の「性格(価値観)」については、美濃エリアで88.5%、飛騨エリアで91.7%と、どちらのエリアでも最も重要視されていた。続いて第2位の「金銭感覚」だが、こちらは美濃エリアの64.9%に対し、飛騨エリアは41.7%。岐阜県全体では63.1%と、貯蓄率で全国上位に入る岐阜県民は、結婚相手にも堅実な金銭感覚を求めていることがわかる。

結婚相手に求める性格には、違いがあるのか。美濃エリアは1位が「臨機応変型」(43.2%)、2位が「楽観的」(39.9%)。飛騨エリアでは1位「社交的」(50.0%)、「現実重視」(50.0%)となった。

「結婚相手に対して重要視すること」「結婚相手に求める性格」について調べたそれぞれの調査結果で、美濃エリアと飛騨エリアには違いが見られた。「理想の夫婦像」についても、同じく回答結果に差が表れている。

美濃エリアでは「リラックスできて、気を張らないでもいられる夫婦(リラックス重視)」(27.7%)が理想と答えた人が最も多く、飛騨エリアでは「子育てや家族としての在り方について、同じ考えを持てる夫婦(価値観重視)」(41.7%)がトップとなった。

交際しているカップルの関係性についても、気質や考え方の違いはあるのか。カップルの主導権について、男性がリードするという回答が美濃エリアでは36.5%であるのに対し、飛騨エリアでは41.6%。これは東京の40.0%よりも高い結果だ。

デートの支払いについても、男性が多めに支払うという回答が65.6%の美濃エリアに対し、飛騨エリアは83.3%と、東京の66.9%を上回っている。美濃エリアは飛騨エリアよりも男女が対等な関係にあるようだ。

調査方法/インターネット調査
調査対象/25~44歳の岐阜県に住んでいる独身男女 400名
集計期間/2017年6月9~16日
調査対象/25~44歳の岐阜県に住んでいる独身男女 160名
25~44歳の東京都に住んでいる独身男女 160名
集計期間/2017年6月16~23日

文/編集部

@DIME編集部

最終更新:7/18(火) 18:31
@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2017年10月号
8月16日発売

定価600円

売り切れ御免!調理家電&ヒット食品
ふるさと納税 極ウマ返礼品・ベスト47
ホリエモン流 超仕事術公開
タイプ別 痩せるカラダマネジメント