ここから本文です

【MLB】上原浩治、今季13ホールド目 チームの後半戦4連勝に貢献する3者凡退

7/18(火) 17:10配信

ベースボールチャンネル

 シカゴ・カブスの上原浩治投手が、17日(日本時間18日)に敵地で行われたアトランタ・ブレーブス戦の8回に2番手として登場。1回を13球、無安打、1三振に抑える投球で今季13ホールド目を手にした。

メジャーで活躍を続ける40歳以上のベテラン。実績豊富な“超一流”が集結

 先発レスターが7回を1失点と好投して降板した8回裏に上原は登板。先頭のロドリゲスを三ゴロ、続くカマーゴには強く打たれるも中直に抑える。そして、サンタナを抜け気味のスプリットで空振り三振に打ち取り、危なげない投球でブレーブス打線を3人で抑えた。この日の最速はサンタナに投げた2球目の直球で87.4マイル(約140.7キロ)と計測されている。

 前回登板は悔しい2失点での勝ち投手となったが、この日はきっちり自らの役割を果たした上原。この投球で今季の13ホールド目を獲得した。

 試合は9回裏にデービスが2点を失うも、4-3でカブスが勝利。後半戦の逆襲に向けて昨季のチャンピオンチームが幸先の良い4連勝を飾っている。

ベースボールチャンネル編集部