ここから本文です

ドルトムントに朗報! 不動のエース残留へ 「決断! オーバメヤンは残る」と独紙報道

7/18(火) 21:45配信

Football ZONE web

ミランやチェルシー移籍が取りざたされていたなか、期限内に移籍は実現せず

 ドルトムントのガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンは噂されていた移籍ではなく、今季もクラブに留まることを選択したようだ。独紙「キッカー」は「決断!オーバメヤンはBVBに残る」と報じている。

【動画】来日中に遭遇した“おもてなし”に興奮! バルトラ、香川が笑顔 「トキオで本物のマリオカートが!」

 昨季31得点でブンデスリーガ得点王となった韋駄天はACミランやチェルシー、中国の天津権健などへの移籍が取り沙汰されていた。移籍が決まらないままチームのアジアツアーに帯同していたがオーバメヤンだが、ついに去就について重大な決断を下した。

 オーバメヤンは数週間に渡ってクラブの首脳陣と会談を重ねてきた。ハンス・ヨアヒム・ヴァッケCEOは先日、オーバ移籍のデッドラインはあと数日間と公言していたが、どうやらその期限内に移籍は実現しなかったようだ。レポートでは「“内部”の移籍ウィンドウは閉じられた」とされている。オーバメヤンは新シーズンも黄色と黒のユニフォームを着てプレーすることが確実となった。

 毎年のように主力選手を引き抜かれているドルトムントだが、今季は不動のエース流出という事態は避けられた。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/18(火) 21:52
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新