ここから本文です

安西慎太郎×和田雅成、中学時代を語る「男の後輩からめちゃめちゃモテてました」

7/18(火) 6:00配信

週刊女性PRIME

 挫折した天才ピアニストが自由奔放なヴァイオリニストと出会い、夢や恋愛に悩み、生きることとは何かを考えさせられる青春漫画『四月は君の嘘』がとうとう舞台化。今回、天才ピアニスト・有馬公生を演じる安西慎太郎と、幼馴染みの渡亮太を演じる和田雅成の対談が実現! 

【この記事のすべての写真を見る】

『週刊女性』本誌(2017年8月1日号)に収録しきれなかった、二人のスペシャルトークをお届け。本誌とあわせてお楽しみください。

シンタは、かわいい、嫌われないかまってちゃん

――本誌掲載の対談で判明しましたが、安西さんに甘えん坊な面があるのは意外でした(笑)。

安西 かまってちゃんです(笑)。

和田 いい意味のかまってちゃんですね。かわいい、嫌われないかまってちゃん。それが公生をやるんです。

安西 ふふふ。そうなんだよね。

――今作ではプラトニックな切ない三角関係が描かれますが、三角関係の恋って経験したことあります? 

安西 ないですね。

和田 俺、割とビビりなんで、好きになりそうな子に他に好きな人がいたら、その時点で引いちゃいますね。だから経験ないです。

――「こっちを向かせてやる!」みたいなのは、ないんですか? 

和田 今だったらわからないけど。昔はないですね、怖くて。

安西 逆だわ。

和田 行く? 

安西 昔はあったね。三角関係とかではないんですけど。好きな女の子に他に好きな人がいても行くタイプでした。今はもうすっかり大人になっちゃって(笑)。

和田 さっき(本誌の対談で)子どもだって言ってたじゃない(笑)。

――恋の部分では大人になった? (笑)

安西 はい(笑)。

和田 でもシンタ(安西)、昔、そういうのありそう~。

安西 ありそうでしょ? 今なんて、もう人を好きになることすら忘れてきたからね。

和田 アハハハ! なんだそれ? 深いのか深くね~のか(笑)。

安西 異性を好きになることを忘れ始めてる(笑)。

――恋愛は必要なくなってる? 

安西 根本はやっぱり、男子とワイワイするのが好きなんですよ。

和田 うん。

安西 だから、そういうのは必要なくなってきたね、完全に(笑)。

和田 あぁ~。でも、どうだろう? やっぱり恋をしてる人は輝いてますよね。だから、理不尽に恋に落ちるんです! (笑)

安西 そういう意味では、ホントにその感覚がなくなってしまったぶん、舞台上で疑似体験ができるので楽しみですけどね。

1/3ページ

最終更新:7/18(火) 6:00
週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」8月15日号
/ 毎週火曜日発売

定価390円(税込)