ここから本文です

トッティがローマのディレクターに就任! 「クラブや街にとって重要な人間になりたい」

7/18(火) 16:15配信

SOCCER DIGEST Web

ローマでユニホームを脱ぐ決断を下す。

 ローマは現地時間7月17日、元イタリア代表FWのフランチェスコ・トッティが現役を引退し、ディレクターに就任することを公式サイトで発表した。

「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち


 16歳でトップチームデビューを飾り、25年にわたりローマ一筋でプレーしてきたトッティは、昨シーズン終了後にその去就が注目され、J2の東京ヴェルディが獲得に乗り出したりもしたが、40歳の元イタリア代表FWは、ついにユニホームを脱ぐ決断を下した。
 
 ローマTVのインタビューに答えたトッティは、「2017年5月28日は、僕にとって歴史的な1日であり、忘れることはできない」と、自身のラストゲームとなった昨シーズンの最終節ジェノア戦について振り返っている。

 さらに、「僕の人生の第1章が終わったよ。ディレクターに就任するけど、新たなフィールドで何ができるか楽しみにしている」と、自身の新たな役割についても言及した。
 
 ディレクター就任についてトッティは、「自分の役割については、これから理解していくことになる。どのくらいの期間、この仕事に就くのかは分からないけど、ユースから会長まで、クラブの人全員をサポートしていきたい」とコメント。さらに、自身の将来については以下のように語っている。
 
「僕の未来は、素晴らしいものになっていくだろう。ディレクターという完璧な役割を選んだと思っているし、ローマという素晴らしいクラブともに組織を作ることができる」
 
 最後にトッティは、「このクラブで重要な役割を担いたい。そして、ローマの街とクラブにとって重要な人間になりたい」と抱負を述べた。

 ロマニスタに愛された稀代のファンタジスタは、新たなフィールドでローマに何をもたらすのか。

最終更新:7/18(火) 16:16
SOCCER DIGEST Web