ここから本文です

窪田正孝「永野芽郁ちゃんの目はキラッキラで本当に心が洗われる」

7/18(火) 10:30配信

ザテレビジョン

――いたずら心から爆破事件の容疑者になってしまった男子高生たちの逃亡劇を描く、人気コミック原作の青春サスペンス「僕たちがやりました」(フジ系)が7月18日(火)スターと。主人公のトビオを演じる窪田正孝が、幼なじみの蓮子を永野芽郁が演じる。

【写真を見る】予告映像などを観た視聴者からは「原作漫画との再現度がすごい!」などの声が上がっており、特に"パイセン"の再現度に注目が集まっている

窪田正孝:共演は2回目。前に会ったのは中学2年生? 大人になりましたよね。でも純粋な部分は変わらない芽郁ちゃんで良かった

永野芽郁:毎年毎年ご一緒したいなと思ってたので、すごくうれしいです(と窪田を見詰める)

窪田:ほら、このキラッキラな目ですよ。本当に心が洗われる。トビオとしてはひゃー!って感じ

永野:フフフ。でもビックリしました。同級生だと聞いて。窪田さんはお兄ちゃんみたいに優しくしてくださるので、ちゃんと高校生らしくいられるように頑張りたい」

窪田:幼なじみというのはある種、一番近い存在なので、2人を見比べたときに年齢差(窪田は28歳、永野は17歳)が出たとしたら、それは(制作する)関西テレビさんのせいです(笑)。求めていただいてるうちは死ぬまで制服を着たいと思ってますよ

――撮影初日に永野に跳び蹴りを食らった窪田。今後の楽しみは?

窪田:カラオケ。2人で「サウダージ」歌うんだよね。机の上に足を乗っけてイヤ~!って飛び上がりたい。一番幸せな時間なので。それが今後はなくなっていくので。蓮子は何を歌うんだっけ?

永野:「壊れかけのRadio」。普段からよく聴くんです。でも歌は下手なので期待しないで…

窪田:楽しみだなぁ。音素材で使うから一曲全部歌ってもらうよ

永野:やだ~~、頑張ります!

――幼なじみの恋の行方も気になる。

窪田:僕は工業高校だったので、高校3年間、女子としゃべった記憶がないんです。触れ合ったのは鉄(笑)。幼なじみって入り口がちょっと近過ぎるけど、お互い好きなら全然アリだよね

永野:幼なじみの恋は私も憧れでした。蓮子は周りから見たら大人っぽく進んでるように見えたりする女の子だけど、内側は純粋で、トビオくんのことを本当に思ってる。お友達の話を聞くと、好きな人の前だからこそ、ちょっと大人っぽくなりたいところがあるので、リアルにやれたらと思いますね

窪田:基本的に2人でいるときは蓮子の方が男なんですよ。トビオの方が小心者。歩き方にしてもバッグの持ち方にしても普段の芽郁ちゃんとは全然違う。バッグを肩に担いで歩くイメージはないし。そこは芽郁ちゃんに求められている蓮子の振り幅だと思うので楽しみですね

永野:一番近くにいた人が犯罪者になったかもしれないと思うと、私なら裏切られた感もあるし心配にもなる。でも蓮子は笑っていられる強さがあるんです

窪田:動じないもんね。そう、当たり前の日常も2人の関係も、爆発事件をきっかけに変わっていく。

世の中に発信しているメッセージはすごくある原作だと思う。それに沿っていきながら、僕ら現実世界でのリアルさなるものもきちんと演じていきたいなと思います

――第一線で活躍する窪田と永野に、子供のころの憧れのスターやヒーローについて聞いてみた。

窪田:リアルに兄貴ですね。僕は3人兄弟の末っ子で、4つ上の長男と1つ上の次男の背中を追い掛けて生きてきた感じだったので。自分の通る道の先にいつもいてくれるから。ケンカもよくしたけど、今も家族という最高の仲間です!  

永野:子供のころは“プリキュア‘に本気で憧れてました。テレビも欠かさず見ていて。いろんなところに困ってる人がいたら助けるじゃないですか。私もそうなりたいなと思って。プリキュアのグッズや洋服、机とかも持ってましたよ。

profile●くぼた・まさたか='88年8月6日生まれ、神奈川県出身。B型。「デスノート」('15年) など出演作多数。主演映画「東京喰種 トーキョーグール」が7/29土公開●ながの・めい='99年9月24日生まれ、東京都出身。AB型。「こえ恋」('16年テレビ東京ほか)など出演作多数。出演映画「ミックス。」が10/21土公開

最終更新:7/18(火) 10:30
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2017年号47号
11月15日

特別定価:360円