ここから本文です

楽天・三木谷会長「スポーツ情熱投資」の国際的存在感

7/18(火) 6:00配信

ダイヤモンド・オンライン

 リオネル・メッシ、ネイマール、ジェラール・ピケ、アルダ・トゥラン。

 7月13日、世界の頂点に君臨するサッカーのビッグクラブのひとつ、FCバルセロナの主力4人が東京都内で会見に臨んだ。

 バルセロナが楽天市場で知られる日本のインターネット通販大手・楽天とメイングローバルスポンサー契約を結んだお披露目で呼ばれたのだ。

● サッカー界のBIG5が 東京で一堂に会する

 ご存じの通りバルセロナはサッカー界のトップスターが顔を揃えるクラブで、世界中に1億人のファンがいるともいわれている。そのメインスポンサー契約料(ユニフォームの胸に社名ロゴがプリントされる)は最も高く、年間5500万ユーロ(約71億5000万円)。楽天はこのバルセロナと17年シーズンから4年間(合計すると2億2000ユーロ=約286億円)の巨額契約を結んだ。

 プロアスリートとしては世界で2位の年収を稼いでいるメッシ(2016年=約85億円・フォーブス誌発表※1位はクリスティアーノ・ロナウド)をはじめ会見に出席した4人はいずれも巨額の報酬を得ている。プレーでファンを魅了することに徹していればいい立場だが、所属するクラブにとってスポンサーは欠かせない存在であることを理解しており、スポンサーを尊重するのも重要な仕事と考えているのだろう。そのために、はるばる東京までやってきたわけだ。

 メッシはメディアに冷淡な態度を取ることで知られ、会見に臨むことも稀だといわれる。そんなメッシもこの日はメディアの質問にちゃんと答え、巨額の投資を決断した楽天・三木谷浩史会長とは笑顔で握手を交わした。

 また、会見には楽天が運営するJ1・ヴィッセル神戸に年俸約6億5000万円+出来高で加入した元ドイツ代表、ルーカス・ポドルスキも同席した。世界の超一流プレーヤー5人が顔を揃えたわけだが、この日の主役は彼らを呼び寄せる力を示した三木谷氏だったといえるだろう。

 ちなみにピケは三木谷氏と個人的にも親しいらしく、ひと足先に来日。三木谷氏が思いつきでピケという名前から連想したピコ太郎との面会を実現させ、あのPPAPを一緒に踊らせてしまった。同氏がツイッターで公開した動画を見ると、あの屈強なDFが「ピケ太郎」として結構ノリノリで踊っている。スーパースターでさえも、これほど心を開く関係を築いている三木谷氏の実力を動画から思い知らされた。

 なお、プロ野球ではその三木谷氏がオーナーを務める東北楽天が、福岡ソフトバンクとパ・リーグの首位争いをし、15日に行われたオールスターゲームでも楽天の則本昴大、美馬学両投手が活躍を見せた。サッカーでも野球でも話題を集めているのが、楽天という企業であり、そのトップの三木谷氏なのだ。

● スポーツを支援してきた 欧州「パトロン」の伝統

 ヨーロッパにはパトロン(後援者)が文化を育てる伝統がある。古くは王侯貴族が芸術家たちの表現活動をサポートした。財力を自分のためだけでなく、文化の発展に使う。それが自らの審美眼の証明となり、誇りにもつながるわけだ。その考え方は受け継がれ、スポーツ活動にも事業などで財を成した富豪がパトロンとして競って投資をするようになった。有名なのがイタリア・セリエAのインテル・ミラノとACミラン。インテルは名門のモラッティ家が、ミランはイタリア首相を務めたベルルスコーニ氏がクラブの会長として潤沢な資金を投入し、強豪に育てた。事業家として成功を収めた人物は、強いスポーツクラブのパトロンとなるのがステータスになったわけだ。

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ダイヤモンド

ダイヤモンド社

8月12日・19日合併号
発売日8月7日

定価740円(税込み)

特集 制度改悪に備える
家族の介護
特集2 隠れ倒産急増!
危ない会社の見分け方