ここから本文です

私の愛する川原泉作品ランキングを発表! 輝く1位はやはりあの作品!?

7/18(火) 17:30配信

ダ・ヴィンチニュース

 現在発売中の『ダ・ヴィンチ』8月号は、川原泉大特集をお届け。特集に際し、ファンアンケートを実施。好きな作品ランキングと、川原作品との出会いについて、本誌でご紹介できなかった熱い声の一部をお送りします!

 

Q)好きな川原泉作品ランキング!

■1位 笑う大天使
本編はもちろんのこと、番外編の3作品がとても好きです。特に史緒さんと一臣さんの関係がとてもいい。既存の兄妹と言う関係にとらわれるのではなく、史緒と一臣の関係はこうだな、というか。他人との関係なんて一般化されるものではなく、本当はそれぞれ個別具体的な唯一のものなのにな、と思いました(34・女性)

■2位 銀のロマンティック…わはは
フィギュアの走りともいうべき作品。適材適所ということ、努力してもどうにもならないことがある、ということ。たった一度のためにすべてを投じて惜しくないと思うことがあること……。二人が笑いながら滑っているところで、バスタ大ルが絞れるほど号泣しました。当時、自分も新体操で挫折したばかりだったので。

■3位 メイプル戦記
甲子園~の続編として、これまでのキャラクターの多彩さ、クレバーな展開、複雑な男女(男)関係、ジェンダー、女性が男性社会で戦うという事、深刻になりがちな問題を全て川原漫画の独特の力の抜け具合と笑いのテンポで包み込んだ傑作(44・女性)

■4位 甲子園の空に笑え!
スポーツをテーマにしたマンガでは一番好きです。友情・努力・勝利の定番スポ根マンガにも体育会系にもアレルギーがある根っからの文化系にはとにかく優しいスポーツマンガだと思います。あの話を総括するのが「楽しかったね」なのがホント好き……(25・女性)

■5位 美貌の果実
情報がぎゅーっと詰まっているのが川原泉先生の作品の特徴であろうが、この作品ではワインに関する知識が存分に味わえた。もちろん、家族愛や夫婦の愛についても例外ではない。誰かを愛していて誰かに愛されている、ということをヒシヒシと感じることができる(36・女性)

1/3ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

【表紙】乃木坂46
特集1:乃木坂46 結成7年、その言葉は誰のものか?
特集2:フツーになんて生きられない。大人のための恋愛マンガ 恋する私たちはちょっとおかしい