ここから本文です

中韓関係悪化の影響も 日本から中国への輸出が大きな伸び

7/19(水) 18:00配信

マネーポストWEB

 中国の2017年4-6月期実質経済成長率は6.9%で、1-3月期と同じで市場コンセンサスを0.1ポイント上回った。四半期ベースでみると、景気は予想よりもやや良いといった状態であるが、足元の6月の状況をみても、景気回復が加速している様子がよくわかる。

 鉱工業生産は7.6%増で、5月と比べ1.1ポイント高く、市場予想に対しても1.1ポイント上振れした。固定資産投資(累計)は5月(累計)と同じ、市場予想に対しては0.1ポイント上振れした。不動産投資の伸びが鈍化する中で、民間固定資産投資の伸びが加速し、全体としては好調を維持した。

 小売売上高は11.0%増で、5月と比べ0.3ポイント高く、市場予想に対して0.4ポイント上振れした。

 輸出(米ドルベース、以下同様)は11.3%増で、5月と比べ2.6ポイント高く、市場予想に対して、2.6ポイント上振れした。輸入は17.2%増で、5月と比べ2.4ポイント高く、市場コンセンサスを4.1ポイント上振れした。貿易収支は427億7000万ドルで5月と比べ、19億6000万ドル増加した。

 中国経済の回復によって最も影響を受けるのは、日本から中国への輸出、中国からみれば輸入である。この輸入が大きく伸びている。

 改めて上半期の輸入を示すと18.9%増であった。輸入製品の中で、増加が目立つのは、全輸入の9.5%を占める原油や、4.8%を占める鉄鉱石などで、それぞれ59%増、60%増となっている。そのほか、石炭、石油製品、天然ガス、ゴム・合成樹脂、大豆、食用油など、国際市況商品の輸入(金額ベース)が大幅に増えている。国際商品価格の変動が、輸入急増の主な要因となっている。

 一方、全体の43.9%を占める電機製品は、8.5%増であった。この内、全体の12.6%を占める集積回路は9.4%増であった。全体の伸びほど高いわけではないが、安定した伸びを示している。こちらの部分は国際市況商品と違い、日本企業にとって大きな影響のあるところだ。

1/2ページ

最終更新:7/19(水) 18:00
マネーポストWEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

マネーポスト

株式会社 小学館

2017年夏号
6月1日発売

定価620円

最新号の総力特集は〈ただならぬ大化け株 総力発掘50〉。「年内株価3倍期待の高成長株10」他、上がる株を一挙大公開。

Yahoo!ニュースからのお知らせ