ここから本文です

54歳おっさんコラムニスト 芸術の都でウィーン・ウィーン

7/19(水) 16:00配信

NEWS ポストセブン

 ヨーロッパ随一の芸術の都・ウィーンは、「大人力」に満ちあふれた人々が住んでいた。大人力コラムニスト・石原壮一郎氏がウィーンで見つけた大人の心意気を紹介する。

 * * *
 「男はつらいよ」シリーズで、寅さんは一度だけ海外に行ったことがあります。第41作(1989年8月公開)の「男はつらいよ 寅次郎心の旅路」で、柄本明が演じる疲れたサラリーマンといっしょにオーストリアのウィーンを訪れました。かつてはヨーロッパの中心地でハプスブルグ家の帝都として栄え、モーツァルトやベートーベンが活躍した音楽と芸術の都のウィーンです。

 はっきり言って、世界の街の中で寅さんにもっとも似合わない街と言っていいでしょう。寅さんに負けず劣らず、おっさんにも似合いません。しかし、ひょんなきっかけで、54歳ヨーロッパ未体験のおっさん(私)が、ウィーンに行くことになりました。

 ウィーン商工会議所は、高い品質の製品を作っている企業や団体を認定する「ウィーンプロダクツ」という制度を作っています。ウィーンが誇る名品やウィーンの魅力をもっと日本の人たちに知ってほしいということで、毎年メディアツアーを実施。今回は「食文化」がテーマということで、ありがたいことにお声がけいただきました。

 何となく高尚でオシャレなウィーンに、ぜんぜん高尚でもオシャレでもないおっさんが行って大丈夫なのか……。そんな心配は無用でした。「大人力」に満ち満ちた街・ウィーンは、おっさんをあたたかく迎え入れ、大切なことをたくさん教えてくれました。

 スパークリングワインの「シュルンベルガー」は、19世紀前半に創業したオーストリア最古の製造所。創業者はフランスでシャンパンの製法を学んだとか。当初は「シャンパン」として販売していましたが、20世紀の初めにフランスが「シャンパーニュ地方で決まった品種のブドウで決まった製法で作ったもの以外は、シャンパンと名乗ってはいけない」と言い出します。おかげで「スパークリングワイン」として売らなければならなくなりましたが、説明してくれたハンサムさんは、恨みがましい様子を見せたりはしません。

1/3ページ