ここから本文です

薄眉に悩むアラフィフ世代にも!大ブーム中の「眉ティント」の使い方

7/19(水) 12:03配信

OurAge

「『眉ティント』と呼ばれるコスメがバラエティショップで人気になり、広がりを見せています」と教えてくれたのは、美容エディターの中込久理さん。

かつて塗って日焼け肌を作るセルフタンニングがはやったが、これはその眉版のようなもの。つまり眉部分の肌を数日間だけ染めてしまうという仕組みである。

「昨年夏に『フジコ マユ ティント』を発売すると、若い世代の女性を中心にナチュラルな太眉を作れるコスメとして大ヒットしました。これは眉に塗ってはがすと肌が染色されているというものですが、その後、描くだけで眉の地肌が染まる筆ペン、眉マスカラ付きなどいろいろなタイプが登場。最近は広い年代に支持され、薄い眉に悩む方や時短メイクを望む方など大人の女性の間でも人気が高まっています」とは「PLAZA」PR担当の久木田佳衣さん。

薄眉やまばら眉に悩むアラフィフ世代にもうれしいし、スッピンで過ごしたい日や温泉旅行などに行くときも便利なアイテムというわけだ。そのブームの火付け役となった、かならぼの「フジコ マユ ティント」は、天然植物サトウダイコンの色素成分が肌を着色。約3日間持続する。

「クオレの『K-パレットラスティングアイブロウティント』は、しなやかな筆で眉尻まで描きやすく、眉色が約1週間持続。美容成分も配合されています」(中込さん)
早速、この使い方を教えてもらった。

◆たった2ステップ!「洗顔しても落ちない」ナチュラル眉が完成
1.「眉ティント液をアプリケーターで眉の上に塗ります。失敗したらすぐに拭き取って好みの形に整えます」
2.「5分以上おくと眉ティント液が乾いて固まるので、眉頭から眉尻に向かってゆっくりはがしていって」

「肌がふんわりした色に染まり、ナチュラルな眉が完成。眉色は数日間かけて、徐々に薄くなっていきます」(中込さん)

最終更新:7/19(水) 12:03
OurAge