ここから本文です

時代遅れの戦術を「最先端」へ――セビージャ新指揮官の魅力的な挑戦

7/19(水) 17:00配信

SOCCER DIGEST Web

リスクの高いマンツーマンを信奉する理由

 7月15日に来日したセビージャが、17日にヤンマースタジアム長居でセレッソ大阪と対戦。3-1で勝利を飾ったが、試合内容ではスコア以上の差があった。

【写真】C大阪×セビージャの美女サポーター


 彼らの戦い方は、瞠目に値した。C大阪の選手にマンツーマンで襲いかかり、息も付かせない。そして打ち寄せる波のように、何度も攻撃を繰り出したのである。

 セビージャの新監督に就任したエドゥアルド・ベリッソは、マンツーマン戦術を信奉している。

 これは基本的にディフェンス戦術のひとつであり、その昔は主流とされていた。対面する特定の相手に対し、1対1で守る。ボールを持った相手に吸い付き、強度の高い守備を仕掛けて、相手のミスを誘発するのだ。

 しかし、90年代になると、マンツーマンは「時代遅れ」といわれた。代わって台頭したのが、ゾーンディフェンスだ。それぞれの選手が自分の持ち場を決め、そこに入ってくる敵を叩く。お互いが連係し、チャレンジ&カバーで守る。

 これによって、1対1でボールを奪うことができなくても、失点のリスクを減らすことができる。また、各ポジションに選手がバランス良く散らばることで、いざ攻めに転じる時も、形を作りやすい。ゾーンはリスクが少なく、効率的と言える。

 一方、マンツーマンは、1対1でボールを奪ったらチャンスになるが、逆に自陣で相手に抜き去られてしまったら、(カバーがいないため)一気にゴールまで持ち込まれかねない。まさに危険と隣り合わせの戦術であり、90分間を通して見た場合、リスクは高い。

 しかし、ベリッソは全く違った発想で、チームを作っている。

「90分間、攻め続ける」

 その理想は、もはや詩的と言ってもいい。ベリッソのチームは、未踏のスペクタクル性に挑んでいるのだ。

 事実、昨シーズンまで率いたセルタでは、レアル・マドリーやマンチェスター・ユナイテッドのようなビッグクラブを相手にしても、一歩も引いていない。ピラニアのように食らいつき、危険を顧みず、攻め続ける意志を示した。

1/2ページ

最終更新:7/19(水) 17:00
SOCCER DIGEST Web