ここから本文です

温室効果ガスの排出が少ない「環境保護牛」を遺伝子組み換えで

7/19(水) 7:31配信

WIRED.jp

畜牛が排出するメタンガスは、世界の温室効果ガス排出量の9.5パーセントを占めているのだという。そこでカナダの研究所はメタンガスをあまり排出しない牛に着目し、その遺伝子を活用することでガスをあまり排出しない「環境保護牛」をつくり出そうとしている。

「天才になる遺伝子」についての研究結果

「1995番」と呼ばれるこの牛は、非常に特別だ。ほぼ黒色で額に猫の形をした白いブチがあるこのホルスタイン牛は、毎日正確な量のエサが入れられた桶に頭を突っ込む。この牛のゲノムは部分的に測定されており、息に含まれるメタンガスの量を1日に何度か測られることになる。

この1995番は、カナダ人酪農家J・P・ブラウアーのお気に入りでもある。「あの性格が好きなんだ」と、彼は語る。「見た目は関係ない。あれはいい牛だよ」

ブラウアーが父親とふたりの兄弟とともに営んでいる、カナダ・アルバータ州中部のスナルタ牧場は、営利牧場としては初めてゲノム・カナダ・プロジェクトにデータを提供している。プロジェクトの目的のひとつは、飼料の効率を高めてなるべく少ない量で牛を育て、分子ひとつあたりの温室効果が二酸化炭素の30倍もあるメタンガスの排出量を減らすことだ。米国の国立衛生研究所と農務省が初めて牛のゲノムを測定してから8年、このプロジェクトはその情報を利用して、より有益で環境に配慮した牛を生み出そうとしている。1995番のような、さらにいい牛を。

国際連合食糧農業機関によると、畜牛から出るメタンガスは温室効果ガス排出量の9.5パーセントを占めているという。酪農家たちは、飼料を変えるなどさまざまな方法で排出量削減に努めている。研究者たちは亜麻仁油、にんにく、ネズの実、さらには海藻まで牛の飼料に加えて検証を続けている。

ペンシルヴェニア州立大学の科学者は、牛の腸に含まれるバクテリアの遺伝子組み換えさえ試したほどだ。ちょっとした調整が大きな結果をもたらすこともある。牛にワクチンを接種して死亡頭数を減らせば、酪農家が健康で長生きする牛を育てることに集中できるため、結果としてメタンガスの量を減らすことになる。

しかし、科学者たちは「牛そのもの」まで操作しようとしている。ゲルフ大学のフィリッポ・ミリオとアルバータ大学のポール・ストーサードが指揮するゲノム・カナダ・プロジェクトは、アメリカとイギリス、デンマーク、オーストラリア、スイスの研究所と協力しながら、温室効果ガスをあまり生成しない牛の遺伝子の特定を目指している。最終的には、温室効果ガスをあまり排出しない牛の遺伝子を、雄牛の精子という形で、牛を自ら開発するリソースのない地域へと流通させるのだという。

1/2ページ

最終更新:7/19(水) 7:31
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.29』

コンデナスト・ジャパン

2017年9月11日発売

630円(税込み)

『WIRED』VOL.29は1冊まるごとアフリカ大特集!「African freestyle ワイアード、アフリカにいく」南アフリカ、ルワンダ、ケニア etc