ここから本文です

都民ファ取材規制は必然か?所属議員は情報漏洩に留意 --- 尾藤 克之

7/19(水) 16:16配信

アゴラ

都議会議員選挙が終了して早くも2週間が経過した。しかし、2週間経過したいまも、余波が残っているようだ。ここ数日をみても、アゴラの記事には未だに注目が集まっている。今回は、アゴラ編集長でもある新田さん、元自民党国会議員(法務大臣政務官)であり、弁護士の早川さんの記事なども紹介しておきたい。

組織のルールは遵守

私の紹介で大変僭越ながら、早川さんは、現職ではないことから、簡単にプロフィールを紹介しておきたい。早川さんは、東大在学中に司法試験に合格し法曹への道を歩む。まさに順風満帆のエリート人生である。ところが、一念発起し政界へと転身する。しかし初当選するまではご苦労をされたかも知れない。

第43回衆院選(2003)に当選するまで、3回の国政選挙落選を経験する。第44回衆院選(2005)再選。第45回衆院選(2009)落選。この選挙は、民主党が政権交代を実現した選挙だが、自民党は埼玉県15選挙区全てで議席を獲得できなかった。第46回衆院選(2012)は後進に譲る。この選挙で当選したのが話題の、豊田真由子氏になる。

まず、新田さんの記事にもあるように、都民ファーストの会が取材規制をしていることは十分に考えられる。これらの指示が、小池前代表によるものか、野田代表によるものかはわからない。しかし、いずれにしても、党代表には、党運営に関する意思決定の権限を与えられているということになる。

そして次のように考えるはずだ。まずは、小池前代表の考えを汲みながら組織の引締めをおこなう。組織を引締めることで反発も予想されるが、そんなものは想定内である。重要な点は権限委譲されていることにある。現状では党代表の意向は、都民ファーストの会における決定事項になる。所属議員は遵守することになる。

政治にしろ、会社にしろ、組織に属する以上は組織のルールを守らなければいけない。批判や文句を言う人は出て行かなければいけない。目をつけられれば、「イヤなら結構」「どうぞ、出て行ってください」と言われるのがおちだ。このようなことは世の中にたくさんある。だから余計なことはせずに、動かないほうが賢明だろう。

1/2ページ

最終更新:7/19(水) 16:16
アゴラ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

アゴラ-言論プラットフォーム

アゴラ研究所

毎日更新

無料

経済、ビジネス、情報通信、メディアなどをテーマに、専門家が実名で発言することで政策担当者、ジャーナリスト、一般市民との交流をはかる言論プラットフォーム