ここから本文です

日本人のまだ知らない場所を探して ペルーの小さなオアシス

7/19(水) 21:10配信

エイ出版社

砂漠の中の小さなオアシス 物語の世界がここに!

写真を見て驚いた。こんな所があるなんて! 見わたす限りの砂漠に、ぽつんと佇むオアシス。まるで物語の中に迷い込んだかのよう。

神秘的で美しいオアシス

ワカチナは、リマの南西約300kmに位置するイカ州の小さな村。何もない砂漠の中にこつぜんと現れる、神秘的で美しいオアシスだ(写真上)。湖畔に茂る青々としたヤシの木と、生き物を寄せ付けない荒涼とした砂漠との対比がとても印象的。映画や絵本のオアシスそのままの風景が、旅人を待っている。

朝夕で湖面の色が美しく変化するワカチナ湖には、古い人魚の言い伝えもある。湖畔でのんびりするのもよし、ボート遊びに興じるもよし(写真中央)。

ワカチナのお楽しみは、なんといってもサンドバギー。ワイルドな鉄パイプの四駆に乗って、砂の海を駆けめぐろう。急勾配の砂丘をハイスピードで一気に駆け降りるスリルは、まるでジェットコースターだ。

サンドボードも人気だが、転んだときの衝撃はスノーボードとケタ違い! 現地の人のアドバイスを聞いて判断しよう(写真下)。

大地をピンクに染める絶景がここに

サンドベージュの大地をピンクに染めていく夕日は息をのむような美しさで、一生の思い出になるに違いない(写真上)。

ワカチナはイカ空港から車で15分。『ナスカの地上絵』のナスカに近いので、ナスカツアーと組み合わせるのがおすすめだ。

世界にはまだ日本人には知られていない場所がある。特にペルーはそんな『穴場』が多い国。マチュピチュだけじゃない、ペルーの魅力をもっと知りたくなってくる。

(出典:『トリコガイド ペルー 2018-2019』)

編集 M

最終更新:7/19(水) 21:10
エイ出版社

Yahoo!ニュースからのお知らせ