ここから本文です

サ上とロ吉、メジャー作『大海賊』 ジャケットはサ上の母が一筆入魂

7/19(水) 20:01配信

KAI-YOU.net

9月6日(水)にメジャーデビューするヒップホップユニット・サイプレス上野とロベルト吉野(サ上とロ吉)のミニアルバムのタイトルが『大海賊』に決定した。

サイプレス上野さんの母親が描いたジャケット写真を見る

ミニアルバムにはAAAの日高光啓としても知られるラッパー・SKY-HIさんが参加するリード曲「メリゴ feat. SKY-HI」を含む、全6曲が収録される。価格は1852円(税別)。

ヒップホップを拡張し続けるサ上とロ吉

サイプレス上野とロベルト吉野は、2000年に結成された2人組のヒップホップユニット。

神奈川県横浜市にあったテーマパーク「横浜ドリームランド」のすぐそばにある巨大団地・ドリームハイツを拠点に活動している。

2007年の1stアルバム『ドリーム』以降、通算5枚のアルバムをリリース。

また、特にサイプレス上野さんは、「フリースタイルダンジョン」でのモンスターとしての活躍でも知られるほか、アイドル・東京女子流の中江友梨さんとのユニット・サ上と中江としてもアルバムを発表。

さらに2017年1月からは『週刊少年チャンピオン』で連載を開始したフリースタイルギャグ漫画「サウエとラップ~自由形~」のラップ監修もつとめるなど、ヒップホップの枠を拡張しながら長く活動を続けてきた。

サ上とロ吉、17年目でいよいよメジャーへ

そんなサイプレス上野とロベルト吉野が、結成17年目の2017年、メジャーデビューを果たす作品が『大海賊』だ。

ジャケットとなっている水彩画は、サイプレス上野さんの母親によって描かれたもの。なお、タイトルとなっている『大海賊』は「横浜ドリームランド」の乗り物から名付けられており、メジャー進出後も1stアルバム『ドリーム』から変わらぬ2人のスタイルを感じることができる。

純然としたヒップホップの姿勢をつらぬきながら、コアなヘッズだけでなく一般のリスナーも巻き込み高い評価を受けてきたユニット。メジャーシーンでの活躍からも目が離せない。

ふじきりょうすけ

最終更新:7/19(水) 20:01
KAI-YOU.net