ここから本文です

小栗旬が鶴瓶とディズニーランド談義「この1年で5回は行った」

7/19(水) 16:00配信

SmartFLASH

 7月11日放送の『チマタの噺』(テレビ東京系)で、俳優の小栗旬が自身の子育て事情や、息抜きの方法について語っていた。

 番組の冒頭、MCの笑福亭鶴瓶が、10年来の付き合いだという小栗に「最近、ショックなことがあった」と打ち明け話を始める。

「長い付き合いの社長が、『べーさん、芝居ヘタやな』って言うてん。これから芝居やらなあかん、自分とこの(タレントに)言う?」

 これを聞いた小栗は、慰めるのかと思いきや、「たしかに、そんなにうまくはないかもしれないですね(笑)」と突き放す。年齢は30以上離れているが、さすがは10年来の信頼関係がなせる会話だろう。

 次は、小栗が「息抜きの方法を知りたい」と釣瓶に相談。

「お酒を飲むことでリセットしたり、少し息をついていたんだと思うんですよ。最近は、仕事上、お酒をガマンしている。そうすると、ホントに息が抜けない。

 撮影を一緒にやってる仲間たちと飲みに行くこともありますけど、息を抜けるっていうか、仕事の延長みたいなところもあるし」

 最近は気心知れた仲間たちも忙しく、学校の同級生も家族を持ち始め、なかなか飲む相手がいないという。そんななか、誘うと来てくれる飲み友達といえば……?

「いま、友人でぱっと呼んで、『ほな行くわ』っ言ってくれるのが釣瓶さん。鶴瓶さんに連絡するのが息抜きになってますね」

 また、娘を持つ父親である小栗は、スケジュールの合間に娘と遊ぶのも息抜きになっている。

「子どもとふたりで公園に行くときもあります。自転車にすごい乗りたがるので、まさに昨日も、自転車でふたりでスーパーに買い物に行ったりして」

 ディズニーランドに行くこともあり、この1年間で5回は行ったと語る小栗。

 その話題から、釣瓶がかつて奥さんとディズニーランドに行った話に広がった。

「サプライズで奥さんを連れていこうと、ディズニーシーのホテルを予約したら、嫁はんに電話で『予約されてますか』いうて、確認あったんや。『誰と行くの?』みたいな話になって。いやいや、お前やないかい! って」

 慣れないことをしたため、あらぬ疑いをかけられてしまったわけだ。

 それにしても、小栗夫妻がよく行くという話を聞いて、会えるかもしれないという淡い期待を胸に、ディズニーランドでキョロキョロまわりを見てしまうお客さんが増えるかも?

最終更新:7/19(水) 16:00
SmartFLASH